【ゲーム専門店オーナー厳選】大人が楽しめるカードゲーム&ボードゲームおすすめ6選

みんなでカードゲームを楽しむ

新型コロナウイルス感染症の流行で、家で過ごす時間が増えている中、これまで以上にスマホやゲーム機を手にする機会が増えているのではないでしょうか。そんな今だからこそおすすめしたいのが、カードゲームやボードゲームといったアナログゲーム。ひとりで黙々と楽しむゲームも良いですが、家族や友人とワイワイ楽しめるカードゲーム&ボードゲームも魅力的です。

そこで今回は、岡山市にあるアナログゲーム専門店『ボードウォ―ク』のオーナー・斎藤 洋一さんに、大人も夢中になれるカードゲーム&ボードゲーム6つを伺いました。

【取材協力】
有限会社斉藤ホビーゲームズ 代表取締役/「ボードウォーク」店主
斉藤 洋一さん

「ボードウォーク」
岡山市北区幸町1-7 大田ビル4階
086-224-4064
http://www.boardwalk.co.jp

国内外1000種類以上のカードゲーム・ボードゲームが揃う、アナログゲーム専門店『ボードウォーク』の店主。「趣味が高じて仕事になった」という言葉の通り、取扱商品の大半において、その遊び方やルールを把握しているアナログゲームの達人。各種イベントや大会も精力的に開催している。

今、カードゲームやボードゲームが注目の的!

ボードゲームで勝負

アナログゲームとは、”非電源系ゲーム”とも呼ばれる、電源を使わないゲームの総称です。例えば、トランプやUNO、オセロ、スゴロク、パズル、将棋…。子どものころ、誰もが一度は遊んだことがあるであろう、これらのカードゲームやボードゲームはすべてアナログゲームです。

最近はEスポーツの大会が開催されたり、VRが普及したりと、一見デジタルゲームだけが進化しているように思えますが、世界のボードゲームを集めた展覧会やゲーム大会が催されたり、全国各地に「ボードゲームカフェ」がオープンしたりするなど、実はカードゲームやボードゲームもかなり注目を集めているのです。

カードゲーム&ボードゲームの魅力とは?

カードゲームでパーティも盛り上がる

カードゲームやボードゲームの魅力は何と言っても、相手の声や表情を見てコミュニケーションを図りながら遊べる点にあります。もちろんデジタルゲームでも、プレイヤー間で通信しながら楽しめるものも多くありますが、声は聞けても表情までは見ることができません。相手がどんな戦略なのか、いい手札が回ってきているのか…など、表情から読み取った情報でゲームの流れが変わっていくのがカードゲームやボードゲームの楽しさといえるでしょう。

また、臨機応変な対応ができるのもカードゲーム・ボードゲームならでは。たとえば、初心者には多めに考える時間を設けるなど、プレイヤーに合わせた遊び方にアレンジが可能です。

ゲームそのものを楽しむのがコンピュータゲームとするならば、カードゲーム&ボードゲームは、みんなで楽しい時間を共有するためのコミュニケーションツールと言えるかもしれません。

カードゲーム&ボードゲームを選ぶときのチェックポイント

親子で遊ぶ

毎年、数多くの新商品が発売されているカードゲーム&ボードゲーム。内容や難易度は実にさまざまなので、目的や人数など、どんなシーンで遊びたいかを考えてから選ぶのが失敗しないコツです。

たとえば、大人数でワイワイ盛り上がりたいなら、あえて小さい子どもでも楽しめるような単純なゲームを選ぶのも選択肢のひとつ。子ども向けのものはシンプルなルール設定のもが多く、独自のアレンジやルールを設けるなど、遊び方を工夫すれば大人も楽しめます。

反対に、家族や少人数でじっくり楽しむのが目的なら、ストーリー設定がしっかりしているものや、思考力が問われるものを選ぶと飽きにくく長く遊ぶことができるでしょう。また、「ドミニオン」や「人生ゲーム」のような、時代ごとにシリーズ版が出ている定番ゲームを持っておくのも一案です。多くの人がルールを知っているので、シーンを選ばず楽しむことができますよ。

大人におすすめのカードゲーム&ボードゲーム6選

Rio Grande Games「ドミニオン:第二版 日本語版」

「ドイツ年間ゲーム大賞」をはじめ、世界的なゲーム賞で三冠を達成したドイツ生まれのカードゲーム。プレイヤーが中世欧州の小王国の領主となって、領土(ドミニオン)を拡張していきます。

1回のプレイで10種類のカードを使用しますが、すべてのカードそれぞれが意味や点数を持っています。カード次第で毎回違う内容になるため、何回でも飽きることなく遊べる点も人気の理由のひとつ。世界中にコアなファンを持つゲームです。

【メーカー名】Rio Grande Games
【商品名】ドミニオン:第二版 日本語版
【タイプ】カードゲーム
【プレイ人数】2~4人
【対象年齢】8歳以上
【所要時間】約30分
※輸入販売元:株式会社ホビージャパン

Z-MAN Games「パンデミック:新たなる試練 日本語版」

人類を滅ぼそうとする4種類の病原体を、プレイヤー同士が協力し合って消滅させる多人数協力型カードゲーム。プレイヤーは「科学者」「研究員」「衛生兵」など、それぞれ異なる特殊技能を持ったエキスパートの役割を担い、ワクチンを研究・開発し、ウイルスの拡散を防止する戦いに挑みます。

ウイルスの繁殖力を上げるカードを何枚加えるかで、初級、中級、上級の3つの難易度で楽しめるのもおすすめポイント。勝つためには互いの協力が不可欠なので、クリアしたときに達成感を共有できることが人気の理由です。

【メーカー名】Z-MAN Games
【商品名】パンデミック:新たなる試練 日本語版
【タイプ】ボードゲーム
【プレイ人数】2~4人
【対象年齢】8歳以上
【所要時間】約45分
※輸入販売元:株式会社ホビージャパン

オインクゲームズ「エセ芸術家 ニューヨークへ行く」

プレイヤーの中に潜む”エセ芸術家”を見つけ出す、一筆描きのお絵描きゲーム。与えられたお題のもと、それぞれ順番に一筆描きで線を加えながら絵を仕上げいきますが、実はプレイヤーのうちの一人だけは「お題」を知らない”エセ芸術家”。最後に誰が”エセ芸術家”だったかを当てるというゲームです。

「お題」を知っているプレイヤーは、”エセ芸術家”に何を描いているかバレないように、またエセ芸術家は自分が”エセ芸術家”だと疑われないようにする必要があるので、どうしてもハチャメチャな絵に仕上がってしまう面白みがあります。

【メーカー名】オインクゲームズ
【商品名】エセ芸術家 ニューヨークへ行く
【タイプ】お絵描きゲーム
【プレイ人数】5~10人
【対象年齢】8歳以上
【所要時間】約20分

Arclight Games「ito」

「数字を口にしたらアウト」という制限のもと、相手が持っているカードの数字を予想して遊ぶ協力型カードゲーム「ito(イト)」。

「クモノイト」という遊び方では、数字が書かれた「ナンバーカード」を数字が小さいプレイヤーから順に出し切ることを目指しますが、他のプレイヤーの数字を予想する上で役立つのが、”生き物の大きさ”などのお題が書かれた「テーマカード」。お題に対して自分の数字を「私はミジンコくらいです」、「僕はクジラかな」などと表現。それをもとに数字が小さいと思うプレイヤーからナンバーカードを出していき、見事小さい順に出し切れればクリアです。数字の大きさに対する感覚のずれや、言葉のチョイスが楽しいおすすめのゲームです。

【メーカー名】Arclight Games
【商品名】ito
【タイプ】カードゲーム
【プレイ人数】2~10人
【対象年齢】8歳以上
【所要時間】約30分

Azb.studio「ソクラテスラ ~キメラティック偉人バトル~」

世界の偉人たちの「左腕」「胴体」「右腕」が描かれたカードを組み合わせ、プレイヤーが自由に最強の”オリジナル偉人”を創造し、バトルする対戦型のカードゲーム。

本来は各カードに示されている「武力」と「知力」の合計数値に基づいて、より強い偉人を作り上げるゲームですが、名前も3等分されているので、どうしても変な名前の偉人が誕生してしまいます。ついつい面白い名前の偉人を作り出すことに夢中になってしまう“ゆるさ”が魅力のゲームです。

【メーカー名】Azb.Studio
【商品名】ソクラテスラ ~キメラティック偉人バトル~
【タイプ】カードゲーム
【プレイ人数】2~6
【対象年齢】10歳以上
【所要時間】15~30分

PD-Verlag「ピクチャーズ 日本語版」

2020年の「ドイツ年間ゲーム大賞」に輝いたボードゲーム。プレイヤーは、16枚ある写真の中から指定された1枚を、積み木や石、紐など付属の素材を使って表現します。完成した”作品”をほかのプレイヤーに披露し、どの写真を表したものかを当ててもらう連窓型の”お絵描き”ゲームです。

写真の全体を表現しようとせず、印象的な部分を強調して再現すると、有効なヒントになるでしょう。また付属されている素材に、独自につまようじや輪ゴム、折り紙など身近なものを加えれば、楽しさが広がりおすすめです。

【メーカー名】PD-Verlag
【商品名】ピクチャーズ 日本語版
【タイプ】ボードゲーム
【プレイ人数】3~5人
【対象年齢】8歳以上
【所要時間】約30分
※輸入販売元:株式会社ホビージャパン

商品一覧表

商品名ドミニオン:第二版 日本語版パンデミック:新たなる試練 日本語版エセ芸術家 ニューヨークへ行くitoソクラテスラ ~キメラティック偉人バトル~ピクチャーズ 日本語版
メーカー名Rio Grande GamesZ-MAN GamesオインクゲームズArclight GamesAzb.StudioPD-Verlag
タイプカードゲームボードゲームお絵描きゲームカードゲームカードゲームボードゲーム
プレイ人数2~4人2~4人5~10人2~10人2~6人3~5人
対象年齢8歳以上8歳以上8歳以上8歳以上10歳以上8歳以上
所要時間約30分約45分約20分約30分15~30分約30分
商品詳細

まとめ

年齢や職業、性別に関係なく初対面の人とでも一緒に盛り上がれるカードゲーム&ボードゲーム。各地で「ボードゲームカフェ」がオープンし、イベントやゲーム大会が開催されていることからも、その人気の高さをうかがい知ることができます。

家族で楽しむ憩いのツール用に、気の合う仲間との趣味用に、パーティーを盛り上げるグッズ用にと、それぞれに適したお気に入りゲームを見つけてみてはいかがでしょうか。子どものころ夢中になった懐かしのゲームを探し出して、親子三代で盛り上がるのもいいですね。

カルチャーの人気記事