【ゲーム専門店オーナー厳選】おすすめカードゲーム&ボードゲーム5選~小学校低学年編~

親子でボードゲームで遊ぶ

なかなか外出しづらいコロナ禍において、子どもを持つご家庭では休日や年末年始をどう過ごすかは悩みどころではないでしょうか。人混みの多いところへお出掛けというわけにはいかないけれど、一日中自宅でダラダラとテレビを観て過ごすのももったいない…。そこでおすすめしたいのが、家族みんなで楽しめるカードゲーム&ボードゲームです。

今回は、岡山市にあるアナログゲーム専門店『ボードウォ―ク』のオーナー・斎藤 洋一さんに、小学校低学年におすすめのカードゲーム&ボードゲーム5つを厳選していただきました。

【取材協力】
有限会社斉藤ホビーゲームズ 代表取締役/「ボードウォーク」店主
斉藤 洋一さん

「ボードウォーク」
岡山市北区幸町1-7 大田ビル4階
086-224-4064
http://www.boardwalk.co.jp

国内外1000種類以上のカードゲーム・ボードゲームが揃う、アナログゲーム専門店『ボードウォーク』の店主。「趣味が高じて仕事になった」という言葉の通り、取扱商品の大半において、その遊び方やルールを把握しているアナログゲームの達人。各種イベントや大会も精力的に開催している。

今、カードゲーム&ボードゲームが密かなブームに!

カードゲームの代表格トランプ

アナログゲームとは”非電源系ゲーム”とも呼ばれる、電源を使わないゲームの総称です。例えば、誰もが一度は経験したことがあるであろう、トランプやUNO、オセロ、スゴロク、パズル、将棋…。こうしたカードゲームやボードゲームはすべてアナログゲームとなります。

デジタルゲームが全盛の今、実はカードゲームやボードゲームの良さが見直され、世界中で密かなブームになっているのです。

カードゲーム&ボードゲームの魅力とは?

ボードゲームを楽しむ小学生

カードゲームやボードゲームの魅力は、プレイヤーの年齢や人数に合わせて、臨機応変にルールをアレンジできるという点です。例えばカードゲームをする場合、子どもにはちょっと多めに考える時間を与えたり、良いカードが出なければもう一度めくってもOKにしたりと、その時々でルールを変えて楽しむことができます。

デジタルゲームにはない”アレンジ幅”があるため、ゲーム初心者や小さな子どもでも楽しむことができるでしょう。

カードゲーム&ボードゲームを選ぶときのチェックポイント

ボードゲームの盤面

“カードゲーム”、”ボードゲーム”とひと言で述べても、ゲームによって内容や難易度は実にさまざま。小学校低学年の子どもでも楽しめるものを選ぶためには、パッケージに記載されている対象年齢やプレイ時間などを参考にするとよいでしょう。

●対象年齢
基本的には、対象年齢が高くなるほどゲーム内容が複雑になりますが、同じ対象年齢であってもゲームによって、記憶力が必要なものや集中力が必要なものなど、それぞれ求められる能力に違いがあります。対象年齢と共にゲーム内容も確認し、子どもの個性や成長に合わせて判断しましょう。

●プレイ時間
プレイ時間が長くなるほど、ルールが複雑になる傾向があります。あまり長すぎると子どもが途中で飽きてしまうことも考えられます。小学校低学年のうちは10分程度のものを選ぶといいかもしれません。

●プレイ人数
ボードゲームの場合、2人から4人でプレイするものが多いです。カードゲームの場合は大人数でプレイできるものもあります。家族構成や目的に合わせて選びましょう。

ただし、こうしたポイントはメーカー基準によるもので、統一された基準ではない、という点に注意が必要です。あくまでも目安として参考程度にし、基本的には先にも述べたように、内容を見た上で、子どもの個性や成長に合わせて選ぶとよいでしょう。

小学校低学年におすすめカードゲーム&ボードゲーム5選

ホッパーエンターテイメント「レシピ」

“料理”をテーマにしたカードゲーム。カレーライスやハンバーグなど、お題となる料理を完成させるために、必要な具材カードを集めていくゲームです。対戦相手が何を作っているかを想像して、自分に不要な具材カードでも捨てずに持っておく、という駆け引きも楽しめます。

和食料理や外国料理、スイーツなどシリーズ展開も豊富。普段食べている料理や具材への興味も沸き、食育にもつながりおすすめです

【メーカー名】ホッパーエンターテイメント
【商品名】レシピ
【タイプ】カードゲーム
【プレイ人数】2~4人
【対象年齢】4歳以上
【所要時間】5分~

Blue Orange「ゴブレットゴブラーズ 日本語版」

トサカがついたかわいい駒の”ゴブラーズ”を並べて遊ぶ、進化版三目並べ。同じ色のコマを、縦・横・斜めのいずれか一列に3マス並べられれば勝ちですが、実は駒には大・中・小の3つのサイズがあるため、”被せ”という技が使えます

サイズ差を活かして、小さい駒に被せたり、大きい駒の下に小さい駒を潜ませておいたり…。単純そうにみえて、記憶力と思考力が問われる短時間集中型のゲームです。

【メーカー名】Blue Orange
【商品名】ゴブレットゴブラーズ 日本語版
【タイプ】三目並べ
【プレイ人数】2人
【対象年齢】5歳~
【所要時間】5分
※輸入販売元:株式会社すごろくや

Asmodee「ドブル 日本語版」

2枚のカードに描かれている複数の絵柄の中から、ひとつだけある同じ絵柄を探し当てるゲーム。同じ絵柄を一早く見つけて答えた人が勝ちです。
ルールがとても簡単明解で、初めてでもすぐに楽しめるのがポイント。最大8人でプレイ可能なので、大人数での集まりでも活躍するでしょう。

「ドラえもん」などのキャラクターが描かれたバージョンもあるので、子どもが好きなシリーズを選んでプレゼントにするのもおすすめです。

【メーカー名】Asmodee
【商品名】ドブル 日本語版
【タイプ】カードゲーム
【プレイ人数】2~8人
【対象年齢】6歳以上
【所要時間】15分
※輸入販売元:株式会社ホビージャパン

ホッパーエンターテイメント「ハピエストタウン」

プレイヤーが市長となって、”最高にしあわせな街”を作っていくカードゲーム。施設を建ててお金を稼ぎ、稼いだお金で新たな施設を増やして、街を拡張していきます。「街のしあわせ」の基準は、それぞれのカードに描かれてある「人口×幸福度」で判断します。

お金を集めないと施設は造れませんが、お金がたくさん得られる施設の中には、人口が低く設定されていることもあり、お金儲けだけに走ると最終的にゲームに負けてしまうことも。どんな街にするのか、というセンスと同時に、バランス感覚も大切になるゲームです。

【メーカー名】ホッパーエンターテイメント 
【商品名】ハピエストタウン
【タイプ】カードゲーム
【プレイ人数】2~4人
【対象年齢】6歳以上
【所要時間】15分~

 ハバ社「スティッキー」

輪に差し込んであるスティックの束を、崩さないように1本ずつ抜きとっていくバランスゲーム。

スティックは、赤、青、黄色の太さが異なる3色で、サイコロで出た色のスティックを順に抜いていきます。先に束を崩した人が負けでもよし、抜き取ったスティックの数で点数を決めるのもよし。

シンプルなだけにいろいろなルールを設けることができ、子どもはもちろん大人も楽しめます

【メーカー名】ハバ社 
【商品名】スティッキー
【タイプ】バランスゲーム
【プレイ人数】2~4人
【対象年齢】6歳~
【所要時間】約10分
※輸入販売元:株式会社ブラザー・ジョルダン社

商品一覧表

商品名レシピゴブレットゴブラーズ 日本語版ドブル 日本語版ハピエストタウンスティッキー
メーカー名ホッパーエンターテイメントBlue OrangeAsmodeeホッパーエンターテイメントハバ社
ゲームタイプカードゲーム三目並べカードゲームカードゲームバランスゲーム
プレイ人数2~4人2人2~8人2~4人2~4人
対象年齢4歳以上5歳~6歳以上6歳以上6歳~
所要時間5分~5分15分15分~約10分
商品詳細

まとめ

ちょっとしたスペースさえあれば、どこでも手軽に楽しめるカードゲーム&ボードゲーム。遊びを通じて、自然と相手の表情や考えを読み取るため、コミュニケーション能力や思考力が高まるというメリットも見逃せませんが、一番の魅力は思い出が刻まれることではないでしょうか。

家族みんなでワイワイと楽しんだ時間は子どもたちにはもちろん、親にとってもかけがえのない時間になるはずです。おうち時間が増えた今だからこそ、生涯の色褪せない思い出を残す、”我が家の鉄板ゲーム”を探してみてはいかがでしょうか。

カルチャーの人気記事