ワインのおつまみに最適な人気冷凍食品おすすめ6選。解凍・調理のコツも伝授

ワインと食卓に並ぶ冷凍食品

コロナ禍で未だに飲み会の自粛ムードが続く2021年。

そろそろ、“家飲み”に飽きた人も多いのではないでしょうか。

そんな時には少し趣向を変えて、気分が上がるちょっと贅沢なおつまみとワインを楽しむのはいかがでしょう。

今回は、酒好きのcocochi編集者が選んだワインのおつまみとして最適な冷凍食品を紹介します!

ワインのおつまみに最適! おすすめの冷凍食品6選

天の酒喰 食房「セイコ蟹のテリーヌ」

第1回「京の食6次産業化コンテスト」で奨励賞を受賞。

約2カ月間しか水揚げされない貴重なせいこ蟹の身を一匹ずつていねいに取り出し、「カニ身」「カニ味噌」「内子」「外子」の層にして蒸し上げた贅沢なテリーヌです。

原材料は、せいこ蟹と京丹後産の「琴引きの塩」のみ。

超シンプルでありながら、蟹の旨味が溢れる濃厚な味わいです。

おすすめおすすめポイント
・「京の食6次産業化コンテスト」で奨励賞を受賞
・原材料は、せいこ蟹と京丹後産の「琴引きの塩」のみとシンプル

【商品名】セイコ蟹のテリーヌ
【販売・製造元】天の酒喰 食房
【内容量】90g×2個または50g×3個
【賞味期限】60日
【主要原材料】カニ(ズワイガニ雌:京都府産、兵庫県産)、食塩(京丹後産・琴引きの塩)
【調理方法】

与論町漁業協同組合「いカルパッチョ(バジル)」

バジルオイル味

レモンペッパー味

鹿児島県与論島産のソデイカを使用した、バジル風味のカルパッチョ

ソデイカは与論島でよく水揚げされ、刺身などで食べられているポピュラーなイカです。

その新鮮なイカをバジルを主体にしたハーブで漬け込んだ逸品は、ワインとの相性が抜群!

1人でも食べきりやすい量なので家飲みに最適ですよ。

おすすめおすすめポイント
・与論島産のソデイカを使用
・1人でも食べきりやすい量なので家飲みに最適

【商品名】いカルパッチョ(バジル)
【販売・製造元】与論町漁業協同組合
【内容量】100g
【賞味期限】
【主要原材料】ソデイカ、食塩、植物油、ガーリック、肉エキス、バジル、レッドベルペッパー、パセリ、オレガノ、コショウ、調味料(アミノ酸等)、乳化剤、香辛料抽出物、カロチン色素、(原材料の一部に小麦、乳成分、大豆、鶏、豚含む)
【調理方法】解凍

ふらんす屋「ロールキャベツ コンソメ風味」

自宅で作ろうとすると、キャベツの下処理や長時間の煮込み調理など、何かと手間のかかるロールキャベツ。

冷凍食品であれば、そんな手のこんだ料理も湯煎するだけで味わえます

スープはチキンコンソメとベーコンを使ったシンプルな味付けで、やわらかく煮たキャベツの甘みが引き立ちます。

シェフが一つひとつ丁寧に手作りしている本格レストランの味が家飲みを豪華にしてくれるでしょう。

おすすめおすすめポイント
・手間のかかるロールキャベツを湯煎するだけで楽しめる
・シェフが一つひとつ丁寧に手作り

【商品名】ロールキャベツ コンソメ風味
【販売・製造元】ふらんす屋
【内容量】 2個入り(約300g)
【賞味期限】 約2週間
【主要原材料】キャベツ、豚肉、牛肉、たまねぎ、ベーコン、卵、牛乳、パン粉、ケチャップ、ゲランドの塩、香辛料
【調理方法】冷蔵庫で解凍後、封を切らずに熱湯で約9~10分湯煎

ドレステーブル「ブルゴーニュ風エスカルゴ」

フランス・ブルゴーニュ地方の郷土料理である、エスカルゴ。

養殖ものも存在しますが、この商品はすべて天然のものを使用しています。

殻の中には香味野菜を使ったブルゴーニュ風バターが詰められており、オーブンもしくはトースターで焼くことでエスカルゴ全体を香ばしく仕上げます

食感はサザエやつぶ貝に似ているので、エスカルゴを食べたことがない人でも、貝好きであれば楽しめるはず。

辛口の白ワインやスパークリングワイン、軽めの赤ワインなどと合わせるのがおすすめです。

おすすめおすすめポイント
・全て天然のエスカルゴを使用
・食感はサザエやつぶ貝に似ているので、貝好きにもおすすめ

【商品名】ブルゴーニュ風エスカルゴ
【販売・製造元】ドレステーブル
【内容量】30粒
【賞味期限】未開封冷凍で約半年
【主要原材料】カタツムリ肉、バター、パセリ、ガーリック、食塩、シャロット、香辛料、酸化防止剤(クエン酸)
【調理方法】オーブンまたはオーブントースター(200℃)で冷凍のまま5〜10分加熱

プティ・ギャルソン「ピッツァ マルゲリータ」

ピザの王道マルゲリータ。シンプルだからこそ飽きが来ず、素材の味を堪能できます。

プティ・ギャルソンのピザ生地は、ライ麦全粒粉を使った自社オリジナル。

そこへ、自社工場で丁寧に裏ごしし、玉ねぎやニンニクを加えてじっくり煮詰めたトマトソースと、ヨーロッパから「チーズの原木」を仕入れた削りたてのブレンドチーズをトッピングしています。

ピザの製造工程はすべて自社工房で行い、ピーク時には1ヶ月25,000枚にも登る出荷商品を店長がすべてチェックするというこだわりよう。

自宅にいながら、本格的なピザが楽しめるはずです。

おすすめおすすめポイント
・ライ麦全粒粉を使ったオリジナルのピザ
・ピーク時は1カ月25,000枚に登る出荷数すべてを店長がチェック

【商品名】ピッツァ マルゲリータ
【販売・製造元】プティ・ギャルソン
【内容量】直径約20cm
【賞味期限】 約3カ月
【主要原材料】ライ麦粉、全粒粉、薄力粉、強力粉、塩 、水、砂糖、ドライイースト、トマトソース、チーズ 、バジル
【調理方法】トースターで5〜8分、オーブンレンジで6〜11分、魚焼きグリルで3〜5分、フライパンで5~8分

株式会社ディメール「鯖の冷燻」

農林水産大臣賞で2冠を達成した鯖の薫製。まるで生ハムのようなしっとりとした食感で、そのままではもちろん、野菜サラダと合わせても絶品です。

八戸鯖のとろける脂が乗ったこってりとした味わいは、食べ応えがあり、ワインとの相性も抜群。

日本酒との相性も良いので、ストックしておけば家飲みで活躍すること間違いなしです!

おすすめおすすめポイント
・農林水産大臣賞で2冠を達成
・八戸鯖のとろける脂が乗ったこってりとした味わい

【商品名】鯖の冷燻
【販売・製造元】株式会社ディメール
【内容量】約110g×5パック
【賞味期限】製造日より180日(解凍後は冷蔵で7日間)
【主要原材料】さば(八戸産)、砂糖、しょうゆ(小麦・大豆を含む)、食塩、みりん、還元水飴/調味料(アミノ酸等)
【調理方法】真空パックのまま、室温(20℃前後)で1時間、または水道水につけて20分(冬場は40分)で解凍

覚えておくと役に立つ! 冷凍食品を解凍・調理するポイント

冷凍食品は便利な反面、解凍や加熱に失敗すると風味や味、色味が大幅に落ちてしまう可能性もあります。

ワインのおつまみとして美味しく食べるためにも、解凍法や加熱方法に気をつけましょう。

生鮮品の冷凍食品の場合

冷凍食品を解凍する

生鮮品の冷凍食品を解凍する方法は、次のような種類があります。

◉低温解凍(冷蔵庫で解凍)
包装を開けないまま、冷蔵庫の中でゆっくり解凍する方法です。
ただし、カツオやマグロなどのドリップが出やすい刺身の場合は、包装から出して約2%の食塩水に浸した清潔なふきんで包んだ方がより美味しく解凍できます。

◉水中解凍
袋のまま冷水に入れたり、流水を当てたりして解凍する方法です。

◉自然解凍
冷凍庫から取り出した食品を、何も手を加えず、部屋の涼しい場所で自然に解凍させる方法です。

◉電子レンジを使った解凍
電子レンジの解凍メニューで温める解凍方法です。
加熱しすぎる恐れがあるので、必ず途中で様子を見ながら、半解凍で止めるのがポイントです。
・冷凍メニューは-18℃前後の食品の解凍用に設計されているため、完全に凍ったもを解凍する
・途中で一旦スイッチを切り、扉を閉めたまま20~30秒ほど放っておく

魚介類や肉類などを生のまま凍らせた生鮮品の冷凍食品は、長い時間解凍しすぎないのがポイントです。

商品のパッケージや説明書に書かれている解凍方法・時間を守って、解凍するようにしましょう。

 調理冷凍食品の場合

レンジから冷凍食品を取り出す

調理冷凍食品とは、凍ったまま焼いたり、蒸したり、揚げたり、電子レンジやオーブンで加熱したりして食べるものです。

調理のポイントは、パッケージや説明書に記載されている通りの方法、時間で加熱すること。

特に電子レンジの場合は、必ず出力を手動で設定し、オート調理はしないようにしましょう。

おすすめ電子レンジで加熱する際のポイント

・ターンテーブル型
ムラなく温めるために冷凍食品をターンテーブルの端の方に置く

・フラット型
センサーによってムラなく加熱できるので、冷凍食品は中央に置く

商品一覧表

商品名セイコ蟹のテリーヌいカルパッチョ(バジル)ロールキャベツ コンソメ風味ブルゴーニュ風エスカルゴピッツァ マルゲリータ鯖の冷燻
 
販売・製造元天の酒喰 食房与論町漁業協同組合ふらんす屋ドレステーブルプティ・ギャルソン株式会社ディメール
内容量90g×2個または50g×3個100g2個入り(約300g)30粒直径約20cm約110g×5パック
賞味期限(冷凍での)60日約2週間未開封冷凍で約半年約3カ月製造日より180日
(解凍後は冷蔵で7日間)
主要原材料カニ(ズワイガニ雌:京都府産、兵庫県産)、食塩(京丹後産・琴引きの塩)ソデイカ、食塩、植物油、ガーリック、肉エキス、バジル、レッドベルペッパー、パセリ、オレガノ、コショウ、調味料(アミノ酸等)、乳化剤、香辛料抽出物、カロチン色素、(原材料の一部に小麦、乳成分、大豆、鶏、豚含む)キャベツ、豚肉、牛肉、たまねぎ、ベーコン、卵、牛乳、パン粉、ケチャップ、ゲランドの塩、香辛料カタツムリ肉、バター、パセリ、ガーリック、食塩、シャロット、香辛料、酸化防止剤(クエン酸)ライ麦粉、全粒粉、薄力粉、強力粉、塩 、水、砂糖、ドライイースト、トマトソース、チーズ 、バジルさば(八戸産)、砂糖、しょうゆ(小麦・大豆を含む)、食塩、みりん、還元水飴/調味料(アミノ酸等)
調理方法解凍冷蔵庫で解凍後、封を切らずに熱湯で約9~10分湯煎オーブンまたはオーブントースター(200℃)で冷凍のまま5〜10分加熱トースターで5〜8分、オーブンレンジで6〜11分、魚焼きグリルで3〜5分、フライパンで5~8分真空パックのまま、室温(20℃前後)で1時間、または水道水につけて20分(冬場は40分)で解凍
詳細情報

まとめ

家飲みが続くと、料理やおつまみがマンネリ化しがち。

ちょっと奮発してデパ地下のお惣菜を買おうとしても、1人で食べきれる品数は限られ、余るとすぐに腐ってしまいます。

その点、冷凍食品であれば、保存期間が長く、食べたい時に必要な量だけ食べることが可能。

自宅でワインとともに本格的なお店の味を楽しむこともできるので、ぜひ皆さんも一度チェックしてみてくださいね。