【専門家監修】不安症や睡眠障害の緩和におすすめのCBDオイル8選。安全性を理解して取り入れよう

日々のストレスや睡眠不足などを緩和する成分として、最近注目を集めているCBD。

食品から雑貨までさまざまな商品が販売されるなかで、特にバリエーション豊富なのがオイルです。

今回は、そんなCBDオイルの安全性や効果、種類、摂取する際の注意点などについていくしま医院の幾嶋泰郎先生への取材をもとに解説します。

さらに、初心者でもチャレンジしやすい編集部おすすめのCBDオイルも紹介するので、チェックしてくださいね。

取材・監修協力商品紹介部分は取材・監修範囲外です

婦人科医
幾嶋 泰郎

幾嶋 泰郎

福岡大学産婦人科で研修後、第一生命保険会社で診査医をしながら久留米大学産婦人科で学位を取得。1999年に父の診療所を継承し福岡県柳川市で無床診療所「医療法人 いくしま医院」を開業。開業後に漢方に目覚め柳川漢方研究を立ち上げ、初心者の育成と自身の研鑚に努めている。趣味は風水と手相。自ら球脊髄性筋萎縮という難病(10万人に1人)を背負い、車椅子で診療を続けている。

所属学会:日本東洋医学会、日本産婦人科学会、日本老年医学会

漢方内科・婦人科・小児科 いくしま医院
福岡県柳川市田脇754-3
https://www.ikushima.or.jp/

CBDオイルとはどんなもの?

CBDについてよく知らない人や、安全性に不安がある人のために、まずはCBDオイルがどのようなものなのかを紹介します。

●CBD(CBDオイル)とは

そもそもCBDは、大麻草(ヘンプ)などに含まれるカンナビノイドという成分のひとつ である「カンナビジオール(Cannabidiol)」のことを指します。

このCBDは、神経系や免疫系の疾患、片頭痛などの神経系疾患、不眠・不安・うつ病などの精神疾患、皮膚疾患をはじめとした免疫異常、アルツハイマー型認知症、心臓血管疾患、肝臓疾患、消化器疾患など、さまざまな病気の予防や治療で有効性が示唆されています。

そして、そのCBDを主原料として作られたオイルが、CBDオイルです。

●安全性について(依存性の有無)

日本では、大麻取締法によって大麻の栽培や所持が規制されているため、CBDの安全性に不安を感じる人もいるかもしれません。

しかし、大麻草が原料の製品全般が違法なわけではなく、禁止されているのはマリファナの主成分であるTHC(Tetrahydrocannabinol:テトラヒドロカンナビノール)というカンナビノイドを含む製品と、大麻の茎(樹脂以外) と種子以外の部分から抽出された成分を含む製品です。

同じカンナビノイドでもCBDにはTHCのような精神活性作用はありません

しかも、日本で流通しているCBDはすべて厚生労働省が確認しているため、違法性のある成分が含まれているものはありません

CBDオイルを摂取するメリット

CBDオイルを摂取すると、次のような効果 が期待できます。

●リラックス効果

CBDオイルの最も代表的な作用は、神経伝達物質セロトニンやドーパミンなどの働きを活性化させて自律神経を整えること。

自律神経には交感神経と副交感神経の2種類があり、そのバランスが整うとリラックス効果が得られます。

さらに、セロトニンは脳の不安やイライラなどを取り除き、精神を安定させる効果があるので、ストレスの緩和も期待できるといわれています。

●不眠の緩和

不眠の主な原因はストレスや疲労といわれています。

ストレスや疲労が溜まると、心身を興奮・緊張させる働きがある交感神経が優位に働き、深く眠れなくなってしまうのです。

反対に、副交感神経が優位な状態であれば、体がリラックスしてしっかりと休息できます。

CBDは、自律神経に働きかけて交感神経の過度な活性化を抑え、副交感神経が優位な状態に導くことで、不眠を緩和させると考えられています。

CBDオイルの種類

CBDオイルには、複数の種類があります。

それぞれ特徴が異なるので、商品を選ぶ際の参考にしてください。

●カプセルタイプ

CBDオイルの入ったカプセルを飲み込んで摂取するタイプ。

経口摂取されたCBDは腸で吸収された後、肝臓に送られて代謝されます。

効果を感じるまでの時間は、空腹時の摂取であれば約1時間ですが、食べ物と一緒に摂取すると最大3時間ほどかかります。

このカプセルタイプは、特に腸の病気に対して顕著な効果を発揮しますが、効果の持続時間が長いという特徴もあるので、さまざまな慢性疾患に向いています

●スポイト・スプレータイプ

スポイトまたはスプレーでオイルを舌に乗せ、口腔粘膜から摂取するタイプです。

舌に乗せたCBDオイルは、口内および舌下の血管に直接吸収されます。

スポイトタイプには目盛りが入ったドロッパーが付いていることが多く、適正量を摂ることが可能です。

一方、スプレータイプはワンプッシュで迅速に適正量を摂取できるのが魅力。

いずれも効果が現れるのは、投与後15〜30分が一般的で、長くても1時間半ほどです。

●塗り薬(軟膏) タイプ

一般的な塗り薬と同様に皮膚に塗って使うタイプで、CBD製品のなかで一般的なものの一つです。

アトピー性皮膚炎などの皮膚病や関節の疾患をはじめ、美容や美肌に効果があるといわれています。

●吸うタイプ

気化させたCBDオイルを吸引して摂取するタイプです。

肺から吸収されたCBDは、肝臓で代謝される前に脳に送られるため、スピーディーに効果を得られます

効果が発現するまでの時間と持続時間が短く、自分に合う摂取量に調整しやすいのが魅力です。

●パッチタイプ

皮膚に貼って使うタイプ。

一定速度で血中にCBDを放出するように作られています。

皮膚からCBDを吸収すると、肝臓による代謝の影響を受けないので、作用を長時間持続させることができます。

幾嶋 泰郎

【監修者】婦人科医幾嶋 泰郎のコメント

CBDオイルを摂取する方法は複数あり、それぞれ長所と短所が異なります。

また、カンナビノイドが体内でどのように代謝されるかは人によって違うため、自分に合うものを選ぶことも大切です。

※監修者は以下で紹介する商品について、選定や紹介文の監修は行っておりません。edimo編集部が独自に行っています。

※紹介商品は、上記記事内で記載した効果・効能を保証するものではありません。ご購入にあたっては、各商品に記載されている説明文をご確認ください。

※商品によってはユーザーのレコメンドが記載されています。これらは個人の感想であり、効果効能を示すものではありません。

おすすめのCBDオイル8選

hemptouch「CBD OIL CBDオイルゴールド 3%濃度 300mg配合」

超臨界二酸化炭素抽出方法を用いて、ヘンプからCBDが含まれるヘンプエキスを抽出。

吸収率の高いココナッツ由来のMCTオイルをベースにブレンドすることで飲みやすく仕上げた、初心者にもおすすめな低濃度タイプです。

1滴当たりのCBD含有量は1mgで、ご自身の身体に合わせて最適な量を調整できます。

また、濃度は他に5%、10%、15%、30%のタイプがあるので、お悩みの深さによって適切なものを選ぶことが可能。

いずれも使用されている原料はスロベニアの大自然で育った完全オーガニックのヘンプで、ヴィーガンにも対応しています。

おすすめおすすめポイント
・吸収率の高いココナッツ由来のMCTオイルをベースにブレンド
・濃度3%、5%、10%、15%、30%のタイプをラインアップ

ユーザーのレコメンド※メーカー収集コメント

年齢・性別非公開

半信半疑で購入したのが事実です。実際使用してみるとベッドに入るといつ寝入ったか分からないほどすぐに睡眠に入りました。そして朝までぐっすり眠ることができました。羊を何百頭数えることもなく,寝酒をあおることも全くありませんでした。何年ぶりの感覚でしょうか。使用感もオイル感もなく,臭いもありませんでした。本当にありがとうございます。

年齢・性別非公開

乾癬の症状があり、初めて購入しました。

年齢・性別非公開

乾癬の症状があり、初めて購入しました。 ハーブティーに数滴入れて飲んだりボディにも塗っています。 癖もなく色んな用途で使えるので重宝しています。

商品名CBD OIL CBDオイルゴールド 3%濃度 300mg配合
ブランド名hemptouch
メーカー名エソテリック(日本総代理店)
タイプスポイト
内容量10mL
CBD保有量300mg
CBD濃度3%
原材料中鎖脂肪酸油(MCTオイル)、ヘンプエキス(CBD)
原産国スロベニア
フレーバー・香り

Amazonで詳細を見る

楽天市場で詳細を見る

THE CBD「THE CBD Oil 10ml 5%(500mg)」

アメリカ・コロラド産のヘンプのみを厳選して製造された、完全オーガニック製品

品質管理はGMP認証を受けた日本の国内工場で徹底して行われています。

ベースとなるオイルはオリーブオイルで、クセがない味が魅力。

もちろんTHCはフリーで、第三者機関による成分分析も実施済みです。

CBDの濃度は5%のほかに15%も選べますよ。

おすすめおすすめポイント
・コロラド産のヘンプのみを厳選して製造された、完全オーガニック製品
・ベースとなるオイルはオリーブオイルで、クセがない味

ユーザーのレコメンド※メーカー収集コメント

40代・女性

私事なのですが、睡眠が下手で…眠り込むのに時間がかかり、朝は早く起きてしまうのでここ数年睡眠不足が続いていました。
睡眠導入剤を使用するのにも抵抗があったので思い切ってCBD商品を試してみようと思って現在に至ります。
他社のCBDオイルを使用していましたが、味が私には合わなかったのとリラックス感があまり実感できなかったので自分にしっくりくるCBD商品を探していたところに御社の商品にたどり着きました。
1~3回ほどはどうやら舌下で摂取するやり方が上手にできなくてリラックス感をあまり得ることができずに使用をやめていたのですが、先日ふと使ってみると舌下でうまく摂取するコツがやっとつかめた様でとてもリラックスできて良い睡眠がとれました。
何年かぶりによく寝た感じがしました。
ありがとうございます。
他社の様な形容できない美味しくない味もしなくてほぼ無味なのも大変使いやすくてありがたいです。
最近はほぼ毎日使用するようになり足りなくなってきてしまいました。
遮光のビンに入っており、夜に暗い部屋で使用しているので残量がわかりにくく昨夜にふとビンを蛍光灯にかざすともう残りわずかだったので慌てました。
最短でのお届けを希望しています。

商品名THE CBD Oil 10ml 5%(500mg)
ブランド名THE CBD
メーカー名麻田製薬
タイプスポイト
内容量10mL
CBD保有量500mg
CBD濃度5%
原材料
原産国アメリカ
フレーバー・香り

Amazonで詳細を見る

ENDOCA「カプセルヘンプオイル 300mg CBD」

グルテンフリーでヴィーガン仕様のカプセルに入ったCBDオイル

防腐剤や人工着色料、デンプン、砂糖、トウモロコシ、小麦、乳製品は含まれていません。

使用されているCBDは、CO2超臨界抽出という特殊な製法を用いてオーガニックヘンプから抽出。

1カプセルあたりのCBD含有量は10mgで、1箱に30カプセル入っています。

また、必須脂肪酸であるオメガ3やオメガ6、テルペンが豊富に含まれているのもポイントです。

おすすめおすすめポイント
・グルテンフリーでヴィーガン仕様のカプセルに入ったCBDオイル
・必須脂肪酸であるオメガ3やオメガ6、テルペンが豊富

ユーザーのレコメンド※メーカー収集コメント

40代・女性

カプセルだから毎日のルーティーンに取り入れやすい

30代・女性

定期購入で始めて3ヶ月目。調子が良い

50代・女性

夜寝る前に1粒飲んでいます。眠りの質が良くなった気がして、毎朝スッキリ目覚めます。

30代・女性

ヴィーガン仕様なのでグルテンフリーの私でも安心して飲めます。

40代・男性

1粒10mgと含有量がわかりやすく、出張などに持ち運びしやすい。

60代・女性

毎日朝晩1錠ずつ飲んでいます。信頼できる品質なので安心して取り入れられます。

商品名カプセルヘンプオイル 300mg CBD
ブランド名ENDOCA
メーカー名エンドカジャパン
タイプカプセル
内容量30カプセル
CBD保有量300mg(1カプセル10mg)
CBD濃度
原材料植物性カンナビノイド(CBD、CBC、CBG、CBN)、テルペン類、フラボノイド、植物ワックス、その他天然成分
原産国
フレーバー・香り

Amazonで詳細を見る

楽天市場で詳細を見る

HempMeds「RSHO® グリーンラベル 60ml/500mg CBD」

ヘンプオイルを抽出した後に脱炭酸されていないため、オイルは生のまま保存されています

カンナビジオール酸(CBDa)を多く含んでおり、消化や吸収がよく脂肪になりにくいココナッツ由来のMCTオイルと混ぜ合わされています。

そのほかに必須ビタミンやミネラル、オメガ脂肪酸なども配合

スポイトタイプのため、外出先でも摂取しやすいでしょう。

同シリーズで他に、CBDaをCBDに変換させたブルーラベルや、クロロフィルの味を取り除いたゴールドラベルがあります。

おすすめおすすめポイント
・脱炭素されていない生のオイルのままで保存
・必須ビタミン、ミネラル、オメガ脂肪酸などを配合

商品名RSHO® グリーンラベル 60ml/500mg CBD
ブランド名HempMeds
メーカー名HempMeds
タイプスポイト
内容量60ml
CBD保有量500mg
CBD濃度_
原材料MCTオイル、ヘンプオイル
原産国アメリカ
フレーバー・香り

Amazonで詳細を見る

楽天市場で詳細を見る

CBDAYS MOMENT「CBD Air」

ドロップオイルをベースに作られた“吸うCBD”

持ち運びのしやすいミニマルなデバイスに、専用カートリッジを装着して摂取します。

カートリッジのフレーバーは、徳島県産すだちとライムが配合された「POSITIVE FLOW」と、ペパーミントが特徴的な「ULTIMATE」の2種類

前者はポジティブに過ごしたいとき、後者はリラックスして睡眠の質を高めたいときにおすすめです。

おすすめおすすめポイント
・ドロップオイルをベースに作られた“吸うCBD”
・2種類のフレーバーが選べる

商品名CBD Air
ブランド名CBDAYS MOMENT
メーカー名qols
タイプべーピング
内容量1mL
CBD保有量
CBD濃度POSITIVE FLOW:31.8%/ULTIMATE:56.0%
原材料
原産国
フレーバー・香りPOSITIVE FLOW:徳島県産すだち&ライム/ULTIMATE:ペパーミント

Amazonで詳細を見る

楽天市場で詳細を見る

H THINK「CBD REPAIR ROLLON(LM)」

ホホバオイルをベースに、レモンとミントをブレンドした塗付用のCBDオイル

こめかみやうなじ、肩などに塗って使用します。

気軽に使えるので、初心者にもおすすめ。

柑橘系の爽やかな香りは、仕事の合間や休憩時間などのリフレッシュに重宝するでしょう。

コンパクトサイズなので、持ち運びやすいのも魅力です。

他に「ヒノキ&ローズウッド」「ラベンダー&ミント」などのフレーバーも。

おすすめおすすめポイント
・レモンとミントをブレンドした塗付用のCBDオイル
・仕事の合間や休憩時間などのリフレッシュにぴったりの柑橘系の爽やかな香り

商品名CBD REPAIR ROLL ON(LM)
ブランド名H THINK
メーカー名フラップ
タイプロールオン
内容量8ml
CBD保有量100mg
CBD濃度
原材料ホホバ種子油、ハッカ油、レモン果皮油、カンナビジオール
原産国日本
フレーバー・香りレモン&ミント

Amazonで詳細を見る

楽天市場で詳細を見る

HEMPS「HEMPS CBD RESCUE ロールオン メディテーター」

気持ちをニュートラルにするディープフォレスト調な香りが特徴的なアロマオイル。

気品あふれる「フランキンセンス」や、どこか懐かしく落ち着く「パチュリ」が用いられています。

瞑想に取り入れやすいように作られているので、マインドチェンジにぴったり。

CBDは108mg配合されています。

おすすめおすすめポイント
・ディープフォレスト調な香りが特徴的なアロマオイル
・CBDは108mg配合

商品名HEMPS CBD RESCUE ロールオン メディテーター
ブランド名HEMPS
メーカー名ヘンプフーズジャパン
タイプロールオン
内容量8ml
CBD保有量108mg
CBD濃度
原材料ホホバ種子油、精油(シダーウッド・バージニア、フランキンセンス、β-カリオフィレン、パチュリ)、カンナビジオール
原産国日本
フレーバー・香りディープフォレスト調の香り

楽天市場で詳細を見る

Sheabrand「Sheabrand Time releace CBD Transdermal Patch」

1枚に40mgのCBDが配合されたパッチタイプ

CBDの効果は約8時間が持続するといわれています。

無臭なので仕事中にも使いやすいのが魅力。

見えやすい場所に貼ることに抵抗感がある人には、足裏用も販売されています。

おすすめおすすめポイント
・40mgのCBD配合のパッチタイプ
・CBDの効果は約8時間程度が持続

商品名Sheabrand Time releace CBD Transdermal Patch
ブランド名Sheabrand
メーカー名DropStone
タイプパッチ
内容量4枚
CBD保有量1枚あたり40mg
CBD濃度
原材料カンナビジオール
原産国アメリカ
フレーバー・香り

Amazonで詳細を見る

楽天市場で詳細を見る

商品一覧表

商品名CBD OIL CBDオイルゴールド 3%濃度 300mg配合THE CBD Oil 10ml 5%(500mg)カプセルヘンプオイル 300mg CBDRSHO® グリーンラベル 60ml/500mg CBDCBD AirCBD REPAIR ROLL ON(LM)HEMPS CBD RESCUE ロールオン メディテーターSheabrand Time releace CBD Transdermal Patch
ブランド名hemptouchTHE CBDENDOCAHempMedsCBDAYS MOMENTH THINKHEMPSSheabrand
メーカー名エソテリック(日本総代理店)麻田製薬エンドカジャパンHempMedsqolsフラップヘンプフーズジャパンDropStone
タイプスポイトスポイトカプセルスポイトべーピングロールオンロールオンパッチ
内容量10mL10mL30カプセル60ml1mL8ml8ml4枚
CBD保有量300mg500mg300mg(1カプセル10mg)500mg100mg108mg1枚あたり40mg
CBD濃度3%5%POSITIVE FLOW:31.8%/ULTIMATE:56.0%
原材料中鎖脂肪酸油(MCTオイル)、ヘンプエキス(CBD)植物性カンナビノイド(CBD、CBC、CBG、CBN)、テルペン類、フラボノイド、植物ワックス、その他天然成分MCTオイル、ヘンプオイルホホバ種子油、ハッカ油、レモン果皮油、カンナビジオールホホバ種子油、精油(シダーウッド・バージニア、フランキンセンス、β-カリオフィレン、パチュリ)、カンナビジオールカンナビジオール
原産国スロベニアアメリカアメリカ日本日本アメリカ
フレーバー・香りPOSITIVE FLOW:徳島県産すだち&ライム/ULTIMATE:ペパーミントレモン&ミントディープフォレスト調の香り
商品詳細

タイプ別の服用方法&おすすめの摂取タイミング

CBDオイルは、タイプによって服用方法や摂取に適したタイミングが異なります。

●カプセルタイプ

一般的な薬や健康サプリメントと同様、水と一緒に飲み込みます。

食べ物と一緒に摂取すると、空腹時に摂取するより、効果が出るまでに時間がかかります

●スポイト、スプレータイプ

決められた容量をスポイトまたはスプレーで舌に乗せ、最低1分間経ってから飲み込みます。

すぐに飲み込んでしまうと口腔粘膜から摂取されず、カプセルタイプと同じように腸で吸収されるため、効果が出るまでに時間がかかります。

摂取の直前と直後に飲食を避けることで、より安定した効果を得られるのでおすすめです。

●塗り薬(軟膏)タイプ

気になる部分の皮膚に直接塗り込みます。

一般的にCBDオイルに含まれているミセルン、リモネンなどのテルペン類という有機炭化水素の濃度が高すぎると、皮膚を過剰に刺激してしまうので注意が必要です。

●吸うタイプ

電子タバコに似た器具でリキッドを加熱し、気体を口から吸い込みます。

吸引後に3秒程度息を止めると、しっかりと成分を摂取できます

●パッチタイプ

皮膚に直接貼って使用します。

貼付部位として決まった場所はないものの、皮膚が薄く静脈の見えやすい場所の方が、CBDの吸収性が高いと考えられます。

ただし、粘着性が強いテープを長時間貼付していると、皮膚がかぶれたり、パッチを剥がす際に皮膚が損傷したりするリスクもあるので注意が必要です。

CBDオイルを取り入れる際の注意点

最後に、CBDオイルの副作用やリスクとともに、摂取する際に注意が必要な人を紹介します。

●副作用、リスクなど

2017年にWHO(世界保健機関)から報告された「カンナビジオール(CBD) 事前審査報告書」によると、CBDは「副作用がほとんどないかあっても非常に軽い」とされています。

ただし、副作用の可能性が全くないというわけでなく、稀に口の乾き、眠気、立ち眩みが起こる可能性はあるようです。

●摂取に注意が必要な人

前述したように、眠気や立ち眩みが起こる可能性があるため、自転車や自動車の運転を控えている人は摂取しない方が良いでしょう。

また、妊娠中・授乳中も安全に使用できる保証がないため、摂取を避けるのがおすすめ。

そのほか、薬を服用している人は、念のため医師に相談してから摂取してください。

まとめ

CBD製品のなかでもオイルは種類が豊富なので、自分に合うタイプを探しやすいはず。

興味のある人は、ぜひ今回の記事を参考にして、お気に入りの商品を見つけてくださいね!

おすすめこちらもおすすめ