2021.07.27

/

【助産師監修】布製母乳パッドおすすめ5選。かぶれ・かゆみに悩むママには布タイプがおすすめ!

母乳パッドのイメージ

産後に母乳が出るようになると、母乳の漏れによって衣類が汚れてしまうことがあります。

そうした汚れを防ぐために、染み出た母乳を吸収するアイテムが母乳パッドです。

産後のママには欠かせないものですが、商品のタイプによってはかゆみやかぶれなどの症状が起きてしまうケースも存在します。

そこで今回は、肌に優しい布製の母乳パッドについて紹介します。

医療法人社団都筑会 つづきレディスクリニックの吉岡先生と、助産師の遠藤先生からのアドバイスとあわせて、edimo編集部が選んだおすすめ商品もチェックしてくださいね。

※商品紹介部分は取材・監修範囲外です

<取材協力>
医療法人社団都筑会 つづきレディスクリニック
院長 吉岡 範人 医師

1978年千葉県生まれ。聖マリアンナ医科大学産婦人科で研鑽を積み、カナダブリティッシュコロンビア大学へ留学をし、幅広い視野を獲得した。その後、聖マリアンナ医科大学へ帰院後、「つづきレディスクリニック」院長に就任。丁寧な問診を通して一人ひとりの生き方の違いや年齢、ライフスタイルなどに寄り添い、すべての女性がいつまでも若々しく・活き活きと暮らすお手伝いができるレディスクリニックをめざしている。

助産師 遠藤 真由実さん

助産師11年目、岡山大学卒業後、助産師として大学病院産科病棟勤務を経て不妊治療専門クリニックでの経験を積み、幅広い分野での知識を身に着けた。現在は二児の母であることを活かし、つづきレディスクリニックにて一般婦人科診療から医療脱毛の施術まで幅広い女性のライフステージの看護に従事している。

医療法人社団都筑会 つづきレディスクリニック
神奈川県横浜市都筑区中川中央1丁目2-1 ヴァンクールセンター北4F
https://www.tsuzuki-ladys.com/

母乳パッドはどうして必要?

授乳中の様子

出産して母乳が出るようになると、授乳時以外にも母乳が染み出すことがあります。

母乳は自分の意思では止められないため、就寝中や外出時などに出てしまうケースも珍しくありません

朝起きて寝具が汚れていたり、外出先で服が汚れてしまったりすると困りますよね。

そんな時、染み出た母乳を吸収することで衣類への漏れを防いでくれるのが母乳パッドです。

濡れたパッドだけを交換すれば良いので、汚れ物の洗濯の手間がなくなり便利でしょう。

なお、母乳の分泌量には個人差があるため、あまり母乳が出ないママの中には母乳パッドの必要性を感じない人もいるかもしれません。

そういう人でも赤ちゃんが成長して吸う力が強くなると、急に母乳の分泌量が増えることがあるので、準備しておくと安心ですよ。

遠藤助産師より
授乳時期の乳頭はデリケートになりやすく、下着に触れると痛みやかゆみを感じることがあります。

また個人差はありますが、母乳分泌の多い方の場合には、授乳していない時でも母乳が滲み、衣服や寝具へ漏れてしまうこともあるため、母乳パッドを活用すると良いでしょう

さらにパッドをこまめに交換することで雑菌の繁殖を抑え、乳房や乳頭を清潔に保てます。

このように母乳パッドを使うことで、デリケートな乳頭の保護や衛生が保てる点がメリットと言えるでしょう。

母乳パッドのタイプは2種類

母乳パッドのイメージ

母乳パッドは大別すると2種類のタイプがあり、それぞれ以下のようなメリット・デメリットがあります。

①使い捨てタイプ

【メリット】

・汚れたら捨てるだけなので、手軽に使える
・個包装で持ち運びしやすい
・肌着に張り付けられる粘着テープが付いているものが多く、ズレにくい

【デメリット】
・買い替えのコストがかかる
・湿疹・かゆみなどの肌トラブルが起こる可能性がある

②繰り返し使える布製タイプ

【メリット】

・洗って何度も使えるので経済的
・肌に優しい素材で作られたものが多く、肌への負担が少ない

【デメリット】
・洗濯の手間がかかる
・ズレやすい

使い捨てタイプのものは手軽に使いやすいですが、中には素材が合わずにかぶれやかゆみといった肌トラブルに悩むママも少なくありません

次のポイントを参考に、自分に合う商品を選びたいですね。

母乳パッドを選ぶときのポイント

母乳パッドのサイズと形のイメージ

母乳パッドにはさまざまな形や素材、機能のものが存在します。

付け心地が悪いとストレスを感じたり、肌トラブルの原因になったりもするので、以下のポイントに注意して選びましょう。

●肌に優しい

産後の敏感な乳首に直接触れる母乳パッドは、肌に優しい素材のものを選ぶことが大切です。

なるべくオーガニックコットンのような、天然素材のものを選ぶと良いでしょう

さらに、湿疹やかゆみを防ぐためには、メッシュ生地のような通気性の良い素材を選ぶのがおすすめです。

●ずれにくい

赤ちゃんを抱っこする時や寝ている時などに、体の動きでパッドがズレてしまうと、せっかく母乳パッドをつけていても母乳が漏れてしまう可能性があります。

そうしたズレを防ぐために、使い捨てタイプの場合はズレ防止の粘着テープ付きで下着に貼り付けられるものを選ぶのがおすすめです。

また、繰り返し使える布製タイプの場合は、程よい厚みがある方がずれにくいので、立体的な構造のものを選ぶようにしましょう

●サイズと形状

母乳パッドはブラジャーの中に入れて使うものなので、ブラジャーの形にフィットするかどうかも重要です。

形が合わなければ、母乳が漏れてしまう原因になりかねません。

フルカップやハーフカップ、ブラトップなど、使用している下着の形状に合うものを選んでください。

産後ママにおすすめの布製母乳パッド5選

ここれは、edimo編集部がおすすめの母乳パッドを5点セレクトしました。

今回は、肌に負担がかかりにくい素材を使用した、布製タイプのものをご紹介します。

SWEET MOMMY「オーガニックコットン100% スムース素材 母乳パッド」

素肌に触れる表面の生地は、肌に優しいオーガニックコットン100%

一般的な綿より空気を含みやすく、また、天然の油分も含んでいるのでしなやかな弾力性があります。

中の生地は、漏れを防ぐ防水布と、通気性が良い吸水スポンジでできおり、洗濯後の乾きが早いので衛生的に使えます。

乳頭に当たる部分が凹んだ形状になっているので、乳頭トラブルがあるママにもおすすめです。

かわいいオーガンジー袋に入っているのもポイントです。

おすすめここがおすすめ
・肌に優しいオーガニックコットンを100%使用
・商品はかわいいオーガンジー袋入り

【商品名】オーガニックコットン100% スムース素材 母乳パッド
【ブランド】SWEET MOMMY
【メーカー】スウィートマミー
【サイズ】直径約10.5cm
【カラー】
ナチュラルブラウン
【枚数】
2枚
【洗濯】
手洗い

INUJIRUSHI「抗菌ブラパット<ワンペア> 母乳パット」

パットとカバーが別々に分けられている母乳パッド。

外側のカバーには抗菌素材が使用され、母乳もれを防ぐ特殊加工も施されているので衛生的に使えます。

中のパッドは親水性ウレタンフォームでできており、母乳をしっかり吸収します。

パッドとカバーが分かれているため、洗いやすいです。

乳頭を保護する立体的な構造なので、乳頭が陥没しやすい人は産前から使用するのもおすすめですよ。

おすすめここがおすすめ
・パットとカバーが分かれていて、洗いやすい
・カバーには抗菌素材を使用

【商品名】抗菌ブラパット<ワンペア> 母乳パット
【ブランド】INUJIRUSHI
【メーカー】犬印本舗
【サイズ】
【カラー】
ピンク/モカ
【枚数】
2枚
【洗濯】

モーハウス「モーパッド」

カラフルな花柄の縁がポイントのかわいいデザインの母乳パッド。

肌に触れる部分は綿100%のふんわりした生地、中身は蒸れにくい不織布でできています。

また、下着と接する側面には滑り止めのドット加工が施されており、ズレにくく漏れにくいのも特徴です。

フォルムはバストにフィットしやすい立体形状で、産前から発達する乳頭の保護用にも活用できます。

おすすめここがおすすめ
・肌に触れる部分が綿100%素材で敏感肌の方にも安心
・滑り止めドット加工が施されていてズレにくく漏れにくい

【商品名】モーパッド
【ブランド】モーハウス
【メーカー】モーハウス
【サイズ】
【カラー】
ピンク/ブルー
【枚数】
2枚
【洗濯】
手洗い

メイド・イン・アース「母乳パッド」

肌に触れる表地だけでなく、中身から縫い糸まですべてオーガニックコットンでできているのが特徴です。

スムース生地、タオル生地、平織り生地を5層に重ねてあり、中心にかけて厚みが増すつくりなので、母乳をしっかり吸収します。

肌への刺激になりやすい縫い目は最小限に抑えてあり、端の縫い合わせ部分は薄くてカビにくいのもポイントです。

ママの胸を優しく、衛生的に守ってくれるでしょう。

おすすめここがおすすめ
・中身から縫い糸まですべてオーガニックコットン素材
・肌への刺激になりやすい縫い目は最小限

【商品名】母乳パッド
【ブランド】メイド・イン・アース
【メーカー】チーム・オースリー
【サイズ】約12.5cm
【カラー】
きなり/茶
【枚数】
2枚
【洗濯】
洗濯機OK

pigeon「布製母乳パッド」

肌に触れる側の素材には天然コットンを100%使用した、ふんわりとした優しい肌触りが特徴です。

産後ママの敏感な乳首を柔らかく守ってくれます。

パッドは3層構造で、吸水性に優れた中面、防水布を使用した外綿が母乳をしっかり吸収し漏れを防いでくれます

胸にフィットしてズレにくい立体型設計なので、安心して使える点も魅力ですね。

おすすめここがおすすめ
・肌が触れる面は、天然コットン100%
・3層構造のパッドで、漏れをしっかりと防ぐ

【商品名】布製母乳パッド
【ブランド】pigeon
【メーカー】ピジョン
【サイズ】横:最大13.6cm×縦:最大14cm
【カラー】

【枚数】
2枚
【洗濯】
手洗い

母乳パッドに関するトラブルと対処法

母乳を吸う赤ちゃん

母乳パッドで乳房を覆うと汗をかきやすく、また母乳の水分も相まって、パッドの内部は蒸れやすくなります。

なるべく通気性の良いものを選び、こまめに取り換えることが大切ですが、それでもかぶれやかゆみ、痛みなどを感じたら、使用を中止してください。

乳頭は赤ちゃんが直接口にする場所なので、異常を感じても自己判断で市販薬を塗ったりせず、すぐに皮膚科や母乳外来を受診するようにしてくださいね

吉岡先生より
母乳パッドはデリケートな乳房や乳頭を清潔に保つために、こまめに交換することが必要です。

また、乳頭亀裂などの乳頭トラブルが強い場合はパッドが刺激になり悪化する原因となることもあります。

かゆみや痛みなどの症状があれば使用を中止し、トラブルの原因が母乳パッドによるものなのか、授乳の仕方なのか、トラブルの判断が必要なこともありますので、早めに病院などに受診しましょう。

商品一覧表

商品名オーガニックコットン100% スムース素材 母乳パッド抗菌ブラパット<ワンペア> 母乳パットモーパッド母乳パッド布製母乳パッド
ブランドSWEET MOMMYINUJIRUSHIモーハウスメイド・イン・アースpigeon
メーカースウィートマミー犬印本舗モーハウスチーム・オースリーピジョン
サイズ直径約10.5cm約12.5cm横:最大13.6cm×縦:最大14cm
カラーナチュラルブラウンピンク/モカピンク/ブルーきなり/茶
枚数2枚2枚2枚2枚2枚
洗濯手洗い手洗い洗濯機OK手洗い
商品詳細

まとめ

母乳パッドをうまく使えば、産後の生活が快適になり、外出もしやすくなるはずです。

また、機能性だけでなくデザイン性の高いものを身につければ、気分も上がるでしょう。

今回ご紹介したポイントを参考にして、自分に合うものを探してみてくださいね。

<掲載商品はedimo編集部が実際に連絡を行い、コンタクトが取れたメーカーのものだけに限定しています。※一部国内プレスリリースでの確認>