2022.05.17

/

【皮膚科医監修】背中ニキビの改善におすすめのケアアイテム6選。原因や治療法についても紹介!

年齢や性別に関わらず、誰にでもできる可能性がある背中ニキビ。

自分では見えにくい部分のニキビなので、患部がどんな状態なのか、人からどう見えているのかなど、不安に感じることも多いのではないでしょうか。

また、自分の手が届きにくくケアしづらいのも悩ましいところです。

今回は、そんな背中ニキビの原因と改善方法について逗子メディスタイルクリニックの徳永 理恵院長にうかがいました。

あわせてedimo編集部が選んだおすすめの商品も紹介します。

※商品紹介部分は取材・監修対象外です

<取材協力>
逗子メディスタイルクリニック
院長 徳永 理恵

国立東京医科歯科大学医学部を卒業後、同大学形成外科所属。同大学病院、都内美容皮膚科クリニック勤務。横須賀市立市民病院では褥創対策チーム・美容レーザー外来の立ち上げを行う。2010年逗子メディスタイルクリニックを歯科医である夫と共に開院。湘南逗子葉山の地域と協力し、美と健康を守るためのケアを行っている。3人の男の子の育児にも奮闘中。
[所属学会]
日本形成外科学会
日本美容皮膚科学会
日本がんサポーティブケア学会

逗子メディスタイルクリニック
神奈川県逗子市逗子1-5-4 128ビル3階・4階
https://medi-style.jp/

背中ニキビはどうしてできる?

一般的に顔などにできやすいのは、皮脂が溜まった毛穴にアクネ菌が増殖することで炎症が起こる“にきび(尋常性ざ瘡)”です。

これはホルモンの影響によって皮脂の分泌量が増える思春期に多く見られます。

背中にもできることはありますが、背中ニキビの場合はそれよりも毛根を包む毛包や毛嚢に炎症が起こる“毛包炎(毛嚢炎)”が多いのが特徴です。

“毛包炎”の主な原因は、黄色ブドウ球菌やマラセチア菌という真菌(カビの一種)

この真菌が小さな傷から感染することで、炎症が起こるのです。

皮脂の分泌量とは関係がないため、思春期以外も年齢や性別に関わらず起こります

その他に、難治性の背中ニキビ “好酸球性毛包炎”の可能性も考えられます

これは毛包にかゆみを伴う原因不明の炎症が繰り返し現れる疾患です。

同じニキビに見えても原因が異なると治療法も変わるので、治りが遅い場合は一度病院を受診してみると良いでしょう。

背中ニキビの改善方法

背中ニキビを改善するための主な方法を紹介します。

●入浴後にしっかりと保湿する

お湯や洗剤で体を洗うと、汚れが取れるのと同時に肌に必要な皮脂や保湿成分も溶け出してしまいます。

そして肌のバリア機能が乱れて必要な水分が維持できなくなると、急速に乾燥が進むのです。

特に背中ニキビなどの炎症を起こしている皮膚はバリアが薄くなっているので、乾燥が進むとさらなる悪循環を招くことも

そのような事態を防ぐためには、入浴後にしっかりと保湿をすることが大切。

保湿をしっかり行うと、炎症後の色素沈着の治りも早まります。

●ホルモンバランスを整える

背中ニキビを早く治すためには、ホルモンバランスを整えることも非常に重要です。

というのも、背中は皮脂腺が多く、ホルモンの影響を受けやすい場所

皮脂腺の働きを活発化させる男性ホルモンのテストステロンや、黄体ホルモンのプロゲステロンなどの分泌量が増えると、皮脂量も増加して炎症(ニキビ)が起きる原因になってしまうのです。

睡眠不足や食生活の偏り、ストレスはホルモンバランスの崩れに大きく影響するので、まずは生活習慣を見直してみることが大切でしょう。

●静電気が起こりにくい素材の肌着を身につける

体に静電気が起こると、その刺激で皮膚のバリアが壊れてしまいます

そうして角質が荒れると皮膚の乾燥が進んで細かな傷ができ、そこから細菌が侵入する可能性があります。

そのため、静電気が起きやすい化繊素材のよりも、汗をよく吸って静電気を起こしづらい綿やシルクなどの自然素材の肌着がおすすめです。

●病院を受診

自宅でできるケアでは治らない、治ってもすぐにぶり返す、ニキビ跡が汚くなってしまったなどの悩みがある場合は、早めに病院を受診してください

病院では保険診療で抗菌剤やビタミン剤、保湿剤などが処方されます。

また、美容医療を行っているクリニックではケミカルピーリングやレーザー治療なども行われます。

ケミカルピーリングは角質を取り除くものと理解されがちですが、角質を取り除く作用はあくまで副次的なものです。

本来は「皮膚が傷ついた」という疑似信号を皮膚の奥に送ることによって自然治癒力を刺激し、しっかりとした表皮を作るのが目的です。

それに加えて、角質を溶かすことで異常な角化を起こしている毛穴詰まりなどを取り除きます。

皮膚のターンオーバーが盛んになるため、炎症後の色素沈着などの改善効果も期待できます。

最近ではいろいろな種類のピーリング剤が出ているので、クリニックで相談してみてください。

毛包炎の場合は、炎症に毛が影響していて脱毛レーザーが有効なケースがあります。

そのほか、殺菌になるLED治療や高周波治療などもあるので、根治が難しい背中ニキビでも根気よく治療を続ければかなりコントロールすることができるでしょう。

背中ニキビケアアイテムを選ぶポイント

自宅用のケアアイテムを選ぶ場合に注意するべきポイントを紹介します。

●保湿剤はノンコメドジェニックテスト済み、または低刺激性のものが◎

背中ニキビができている時に、肌への刺激が強かったり油分が多く含まれていたりする保湿剤を塗ると、症状が悪化してしまう可能性があります。

そのため、なるべく低刺激処方の保湿剤を選ぶのがおすすめ

さらに、「ノンコメドジェニックテスト済み」かどうかも一つの目安にしてみると良いでしょう。

“コメド”というのは、ニキビの第一段階とされている非炎症性の皮疹のこと。

このコメドを誘発しにくいという証明を行うテストがノンコメドジェニックテストです。

●抗真菌薬が配合されたボディソープ

細かい赤い皮疹がぽつぽつとできている場合は、マラセチア性毛包炎の可能性があります

マラセチア性毛包炎は、皮膚の常在菌であるマラセチアが増殖して起こる毛包炎です。

この場合、抗真菌薬が配合されたボディソープを試してみてもよいでしょう。

背中ニキビの改善におすすめのケアアイテム6選

続いて、編集部がセレクトした背中ニキビのケアアイテムを6点ご紹介します。

小林製薬「セナキュア」

「殺菌作用」「赤み改善作用」「組織修復作用」という3つの作用を備えたメディカルスプレー

背中にできたブツブツの角質をやわらかくして毛穴詰まりをとるサリチル酸と、原因菌を殺菌するエタノールとサリチル酸が配合されています。

さらに、アラントインが気になる赤みや炎症を抑える効果も発揮。

成分は人肌と同じpHに調整した低刺激処方です。

背中だけでなく、デコルテのケアにも使えます。

おすすめおすすめポイント
・「殺菌作用」「赤み改善作用」「組織修復作用」を備えたメディカルスプレー
・成分は人肌と同じpHに調整した低刺激処方

【ブランド名】セナキュア
【メーカー名】小林製薬
【商品名】セナキュア
【分類】第2類医薬品
【タイプ】スプレー
【内容量】100ml
【ノンコメドジェニックテスト】

オルビス「クリアボディ スムースローション」

薬用成分のグリチルリチ酸ジカリウムに加えて、クチナシエキスとシャクヤクエキスという2種の和漢植物エキスが肌のバリア機能を整えます

肌へのやさしさにも配慮して作られているので、油分・香料・着色料は無添加で、ノンコメドジェニックテスト済み

清涼成分のメントールが配合されているため、ひんやりとした清涼感も楽しめます。

同シリーズのボディソープとセットで使用するのもおすすめです。

おすすめおすすめポイント
・2種の和漢植物エキスが肌のバリア機能を整える
・油分・香料・着色料は無添加で、ノンコメドジェニックテスト済み

【ブランド名】オルビス
【メーカー名】オルビス
【商品名】クリアボディ スムースローション(医薬部外品)
【分類】医薬部外品
【タイプ】スプレー
【内容量】215mL
【ノンコメドジェニックテスト】

ドクター シーラボ「薬用アクネレスピールローション」

イソプロピルメチルフェノール、グリチルリチン酸2K、サリチル酸という3種類の有効成分がニキビの原因にアプローチ。

さらにグリコール酸、乳酸という整肌成分が荒れた肌をすこやかに整えます

植物由来の精油が使用われているので、鉱物油は無添加。

香料や着色料、パラベンも使われていません。

また、アレルギーテストに加えて、ノンコメドジェニックテストも実施済み*です。

※すべての方にアレルギーが起きない、ニキビができないというわけではありません

おすすめおすすめポイント
・グリコール酸、乳酸という整肌成分が荒れた肌をすこやかに整える
・アレルギーテスト・ノンコメドジェニックテスト実施済み

【ブランド名】ドクター シーラボ
【メーカー名】ドクター シーラボ
【商品名】薬用アクネレスピールローション
【分類】医薬部外品
【タイプ】スプレー
【内容量】200mL
【ノンコメドジェニックテスト】

ペリカン石鹸「ニキビを防ぐ 薬用石鹸 For Back」

低刺激でありながら汚れをしっかり落とせるノンコメドジェニックテスト済の固形石鹸です。

薬用炭と泥、パパイン酵素という3種類の洗浄補助成分が、汚れで詰まった毛穴をスッキリ洗浄。

そして有効成分のイソプロピルメチルフェノール、グリチルリチン酸ジカリウムが肌荒れの原因菌を殺菌消毒します。

さらに、美肌成分のセラミドとコラーゲンが肌のうるおいを保つので、しっとりとした洗い上がりに仕上がります。

おすすめおすすめポイント
・低刺激なのに汚れをしっかり落とせるノンコメドジェニックテスト済の固形石鹸
・美肌成分のセラミドとコラーゲン配合で、しっとりとした洗い上がり

【ブランド名】ペリカン石鹸
【メーカー名】ペリカン石鹸
【商品名】ニキビを防ぐ 薬用石鹸 For Back(フォーバック)
【分類】医薬部外品
【タイプ】固形石鹸
【内容量】135g
【ノンコメドジェニックテスト】

持田ヘルスケア「コラージュフルフル泡石鹸」

殺菌成分に加えて抗真菌(抗カビ)成分であるミコナゾール硝酸塩が配合されており、ニキビだけでなく体臭や汗臭の予防効果も期待できます

弱酸性の低刺激性処方なので、敏感肌の人も使用OK。

1プッシュで簡単に均一な泡を出すことができ、体を強くこすらなくても汚れを浮き上がらせて落とせるので、肌に負担がかかりません。

また体だけでなく顔も洗えるのが魅力。

顔を足やワキなど全身を広範囲で洗いたい場合は、同シリーズの液体石鹸もおすすめです。

おすすめおすすめポイント
・抗真菌成分ミコナゾール硝酸塩配合で、体臭や汗臭の予防効果も期待できる
・体だけでなく、顔も洗える

【ブランド名】持田ヘルスケア
【メーカー名】持田ヘルスケア
【商品名】コラージュフルフル泡石鹸
【分類】医薬部外品
【タイプ】泡石鹸
【内容量】150ml、300ml
【ノンコメドジェニックテスト】

第一三共ヘルスケア「クリアレックスWi」

ニオイやニキビなどの原因になる雑菌の繁殖を防ぐ、殺菌成分イソプロピルメチルフェノールを配合した液体ボディソープ

消炎成分としてグリチルリチン酸ジカリウムが配合されているので、皮膚環境を清潔に整えて肌トラブルを防ぎます。

強い香りが苦手な人でも使いやすい無香料タイプで、肌への優しさも考えた低刺激処方です。

また、サイズが200mLと450mLから選べるので、家族でシェアしたい人にもおすすめです。

おすすめおすすめポイント
・消炎成分グリチルリチン酸ジカリウムが皮膚環境を清潔に整えて肌トラブルを防ぐ
・強い香りが苦手な人でも使いやすい無香料タイプ

【ブランド名】第一三共ヘルスケア
【メーカー名】第一三共ヘルスケア
【商品名】クリアレックスWi
【分類】医薬部外品
【タイプ】液体石鹸
【内容量】200ml、450ml
【ノンコメドジェニックテスト】

背中ニキビをケアする際の注意点

背中ニキビを防ぐためには、背中を清潔に保っておくことが大切ですが、洗いすぎには要注意です。

ナイロンタオルやボディブラシなどでごしごし擦ってしまうと、皮膚に細かな傷ができてそこから細菌に感染してしまうことがあります。

また、背中を洗いすぎるとよい菌が取り除かれることで皮膚表面の常在菌のバランスが崩れてしまい、悪さをする菌が増殖して背中ニキビが悪化する可能性もあります。

ニキビを治そうとするとついつい洗いすぎてしまいがちですが、たっぷりに泡立てた石鹸やボディソープであまり時間をかけず、そっと洗うようにしてください

あまり頻繁にスクラブなどでケアすることもおすすめできません。

商品一覧表

商品名セナキュアクリアボディ スムースローション(医薬部外品)薬用アクネレスピールローションニキビを防ぐ 薬用石鹸 For Back(フォーバック)コラージュフルフル泡石鹸クリアレックスWi
ブランド名小林製薬オルビスドクター シーラボペリカン石鹸持田ヘルスケア第一三共ヘルスケア
メーカー目小林製薬オルビスドクター シーラボペリカン石鹸持田ヘルスケア第一三共ヘルスケア
分類第2類医薬品医薬部外品医薬部外品医薬部外品医薬部外品医薬部外品
タイプスプレースプレースプレー固形石鹸泡石鹸液体石鹸
内容量100ml215mL200mL135g150ml、300ml200ml、450ml
ノンコメドジェニックテスト
商品詳細

まとめ

背中ニキビが気になる人は、まずは今回ご紹介したボディソープやローションなどを試してみてはいかがでしょうか。

その際、背中の洗いすぎには十分注意してくださいね。

もし、症状がよくならなかったり、患部に痛みを伴ったりする場合は、無理せず医療機関も受診するようにしてください。

<掲載商品はedimo編集部が実際に連絡を行い、コンタクトが取れたメーカーのものだけに限定しています。※一部国内プレスリリースでの確認>

おすすめおすすめ広告