2021.04.27

/

くせ毛におすすめの人気ヘアオイル5選。髪のうねりやパサつき、広がりに最適。

ヘアオイルを付ける女性

せっかくきれいに髪をセットしてもすぐに崩れてしまう…。うねりや広がり、パサつきで髪がどうにもまとまらないと悩んでいる女性は多いのでは。

そんなときは髪にうるおいやツヤを与えてくれる「ヘアオイル」を使ってみましょう。今回はヘアオイルの効果的な使い方やくせ毛ケアにおすすめの8商品を紹介します。

ヘアオイルとは

鏡を見ながらヘアオイルを付けている女性

ヘアオイルはその名の通り、油分をベースとしたヘアケア用品。髪の水分や油分を補う効果があり、タオルドライ後の仕上げやスタイリング時に使われます。

くせ毛にどんな効果がある?

ヘアオイルには、くせ毛の原因でもある乾燥や髪の広がりを抑える効果が期待できます

冬場の乾燥した空気や夏の紫外線、カラーリングなどで傷んだ髪は水分を失い、パサパサになりがち。ヘアオイルで髪を保湿することによって乾燥を防ぎ、外からのダメージを受けにくくするのです。

また、油分で髪をコーティングすることで湿気を吸いにくくし、髪のうねりや広がりも防いでくれます。

ヘアオイルの種類

瓶に入ったヘアオイル

植物性と動物性、鉱物性、それぞれのメリットを

ヘアオイルは大きく3つの成分に分けられます。

植物性:植物から抽出したオイルをベースとし、椿油やホホバオイル、オリーブオイルなどが代表的。天然由来の成分なので髪や肌に優しく、栄養が豊富に含まれているためダメージ補修におすすめです。

動物性:動物の油を原料としたオイルで、馬油やサメの肝臓に含まれるスクワランなどがあります。植物性よりしっとりした重みのある付け心地なので、うるおい不足やパサつきに効果的です。

鉱物性:石油をベースとし、ミネラルオイルなどと呼ばれるもの。髪の手触りをよくしたり、ツヤ感を出したりするのが特徴です。

ヘアミルクとの違い

ヘアミルクは水性の成分でできているヘアケア用品。ヘアオイルが油分で髪の「外側」をコーティングし傷みを防ぐのに対し、ヘアミルクは保湿成分を髪の「内側」に浸透させ、傷みを修復する働きが期待できます。

併用する場合はヘアミルク→ヘアオイルの順番がベストですが、一緒に付けると混ざり合ってしまうため、使うタイミングを工夫しましょう。

ヘアオイルの選び方

並べられたヘアオイル

成分やテクスチャーをチェックし、自分の髪質に合ったヘアオイルを選びましょう。

低刺激タイプ:ホホバオイルやアルガンオイルなど植物性の成分が多いものは肌に優しいのが特徴。敏感肌の場合はノンシリコン、シリコンフリーのアイテムがおすすめです。

乾燥肌向きタイプ:ホホバオイルやオリーブオイルなど保湿力の高い成分を含んだオイルがおすすめ。髪のパサつきが気になる方はしっかりと髪をコーティングしてくれるシリコン入りを試してみては

べたつき髪タイプ:とろっとしたテクスチャーのヘアオイルはべたつき髪には不向き。植物性のものなどなるべく軽いテクスチャーを選びましょう。

ヘアオイルの付け方

女性の髪

付ける量

商品によって多少は変わるものの、23滴で十分。パッケージや公式サイトに載っている適量をチェックしましょう。つけ過ぎると髪がべたべたになってしまいます。

タイミング

ヘアオイルはドライヤーで乾かす前にタオルドライした髪に付けるのがベスト。ドライヤーの熱や風による傷みを防いでくれます。ドライヤー後に少量を付けることでツヤ感を出すことも。夜のヘアケアだけでなく、朝のスタイリング時の仕上げに付けてもOKです。

付け方

手のひらにしっかりと馴染ませ、傷みやすい毛先を中心に内側から揉みこむように浸透させましょう。髪のダメージが特に気になる場合は、オイルを塗りこんで30分程度放置する「オイルパック」もおすすめです。

くせ毛におすすめの人気ヘアオイル5選

BOTANIST「ボタニカルヘアオイル(ダメージケア)」

自然派のヘアケアブランドが展開するヘアオイルの中でも、ダメージ補修にこだわったアイテム。とろみのある濃厚なテクスチャーがしっとりと髪を包み込みます。

ツバキ油やホホバオイルなど植物から抽出した保湿効果の高い「ボタニカルシードオイル」が髪に潤いを与え、枝毛や切れ毛をケア。髪のダメージにお困りの方におすすめです。

おすすめおすすめポイント

・とろっとしたオイルがダメージ髪に浸透
・保湿効果の高い植物性オイルを配合

【メーカー名】Iーne
【ブランド名】BOTANIST
【商品名】ボタニカルヘアオイル(ダメージケア)
【内容量】80ml
【香り】ベリーとヘリオトロープ
【オイルの種類】植物性
【シリコンの有無】

ロレアルパリ「エクストラオーディナリーオイル エクラアンペリアル艶髪オイル」

幅広いラインナップがそろうロレアルパリのヘアオイルの中でも人気の高い濃密さがポイント。保湿成分を含んだフレンチローズオイルを配合したオイルが1本1本の髪を包み込み、髪にうるおいを与えます。

ドライヤーの熱や紫外線からの保護、湿気によるうねりや広がりのケアと期待できる効果はさまざま。持ち運びに便利な1回使い切りタイプもありますよ。

おすすめおすすめポイント

・濃密オイルが髪に潤いをチャージ
・持ち歩ける使い切りタイプが便利

【メーカー名】日本ロレアル
【ブランド名】ロレアルパリ
【商品名】エクストラオーディナリーオイル エクラアンぺリアル艶髪オイル
【内容量】1ml×6・30ml・100ml
【香り】ローズ
【オイルの種類】植物性
【シリコンの有無】

モロッカンオイル「モロッカンオイルトリートメント」

モロッコで育つアルガンオイルの木から抽出した最高級のオイルは浸透力が高く、髪を酸化ダメージから守るビタミンEがたっぷり。オイルに含まれた保湿・ビタミン成分が髪のしなやかさやツヤをアップさせ、滑らかな髪通りをかなえます。

日頃のヘアケアやスタイリング剤としての活躍はもちろん、エクステのケア、カラー・パーマのダメージ軽減にも。1本で4役を果たす優れものです。

おすすめおすすめポイント

・抗酸化作用を持つビタミンEを豊富に含んだオイルがダメージを防止
1本で4通りの使い方ができる

【メーカー名】モロッカンオイル・ジャパン
【ブランド名】モロッカンオイル
【商品名】モロッカンオイルトリートメント
【内容量】25・100ml
【香り】バニラ
【オイルの種類】植物性
【シリコンの有無】

パンテーン「UVカットオイル」

人気ヘアケアブランドが生み出した髪の日焼け止めに特化したオイル。独自の「UVカット・ヴェール」がパサつきやごわつきの原因となる紫外線をブロックし、ダメージから髪を守ります。

普段のヘアケアとしても使え、ドライヤーの熱にも効果的。さらっとした軽いテクスチャーなので、スタイリング剤と一緒に使ってもべたつき感なく仕上がります。

おすすめおすすめポイント

UVケアに着目したオイル
・スタイリング剤と兼用してもべたつきが少ない

【メーカー名】P&G ジャパン
【ブランド名】パンテーン
【商品名】UVカット ヘアオイル
【内容量】50ml
【香り】ユズとジャスミン
【オイルの種類】
【シリコンの有無】

ukauka hair oil Rainy Walk

ネイルオイルが評判のオーガニックコスメブランドが手掛けるヘアオイル。保湿効果の高いアサイーオイルやモリンガオイルを配合したオイルが髪の傷みをケアし、湿気によるうねりや広がりから守ります。

レモンやユーカリ、ミントをブレンドした香りが爽快感をアップ。名前の通り、気分が沈みがちな雨の日でも気分がリフレッシュできるかも。

おすすめおすすめポイント

・保湿効果の高い自然派オイルでダメージケア
・すっきりとした香りで爽快感をプラス

【メーカー名】ウカ
【ブランド名】uka
【商品名】uka hair oil Rainy Walk
【内容量】50ml
【香り】レモン、ユーカリ、ミント
【オイルの種類】植物性
【シリコンの有無】

商品一覧表

商品名ボタニカルヘアオイル(ダメージケア)エクストラオーディナリーオイル エクラアンぺリアル艶髪オイルモロッカンオイルトリートメントUVカット ヘアオイルuka hair oil Rainy Walk
メーカー名Iーne日本ロレアルモロッカンオイル・ジャパンP&G ジャパンウカ
ブランド名BOTANISTロレアルパリモロッカンオイルパンテーンuka
内容量80ml1ml×6・30ml・100ml25・100ml50ml50ml
香りベリーとヘリオトロープローズバニラユズとジャスミンユーカリやミント
オイルの種類植物性植物性植物性植物性
シリコンの有無
商品詳細

まとめ

髪をダメージから守り、パサつきやうねり、広がりを抑えてくれるヘアオイル。髪質に合ったヘアオイルを使えば、手軽にしなやかでツヤのある髪へと近づけます。

紫外線や湿気が気になり始めたこの季節、相性のよいオイルを見つけて髪の悩みから解放されませんか?

<掲載商品はedimo編集部が実際に連絡を行い、コンタクトが取れたメーカーのものだけに限定しています。※一部国内プレスリリースでの確認>

おすすめあなたへのおすすめ記事