2021.09.24

/

【管理栄養士監修】妊婦におすすめの葉酸サプリ7選 妊娠初期に必要な栄養をサプリで手軽に摂取!

葉酸を出す妊婦

妊娠中の女性の体は、赤ちゃんを育てるために通常より多くの栄養を必要とします。
なかでも赤ちゃんの成長に必要不可欠な栄養素といわれているのが葉酸です。
一体どのような栄養素で、妊娠とどんな関係があるのかを春木レディースクリニックの花田 尚香先生に伺いました。
あわせて、葉酸を効率的に摂取するのにおすすめのサプリメントについても紹介します。

※商品紹介部分は取材・監修範囲外です。

<取材協力>
春木レディースクリニック 管理栄養士 
花田 尚香 先生

化粧品会社、食品会社、保育所栄養士などを経て、現在は栄養カウンセラーとしてカウンセリングを行う。調理師、保育士、社会福祉士、FP技能士などの資格を持ち、特定保健指導における生活習慣病の予防や、専門学校での栄養士・調理師の育成にも関わるなど、幅広い分野で活躍している。

春木レディースクリニック
大阪府大阪市中央区南船場4-3-2 ヒューリック心斎橋ビル7階
https://haruki-cl.com/index.html

そもそも葉酸とは?

悩む妊婦

葉酸はビタミンB群の一種で、細胞に存在する核酸のDNAが作られるときに補酵素として働きます。

さらに、正しく作られなかったDNAの修復に関わるため、細胞の増殖に不可欠な栄養素です。

また、赤血球の生成を助ける作用もあります。

妊娠中はどれくらい摂取すればよいの?

細胞増殖に欠かせない葉酸は、特に妊活・妊娠中には多く摂取する必要があります。

「日本人の食事摂取基準(2020年版)」によると、1日の食事で必要な摂取量は、非妊娠時は240/日なのに対し、妊婦付加量は240/日とされています。

これに加えて、特に妊娠初期は胎児の神経管閉鎖障害のリスク低減のために、通常の食事からの葉酸摂取に加えてサプリメントから1400μgの葉酸を摂取するように、厚生労働省から通知が出されています。

具体的な摂取期間は、「妊娠の1か月以上前から妊娠3か月までの間」です。

葉酸の摂取量が不足すると?

妊婦と女児

葉酸は赤血球の生成に関わるため、不足すると巨赤芽球性貧血を引き起こします。

また、葉酸の不足によって、葉酸の摂取量が不足してしまうと、血液中にホモシステインという物質が増えます。
ホモシステインの増加は血管や血液に悪影響を及ぼし、動脈硬化や血栓を引き起こす原因になります。

さらに血液の凝固に影響するため、妊娠中の流産や不育症の原因になるともいわれており、妊娠期の常位胎盤早期剥離や胎盤梗塞、死産、反復流産、妊娠高血圧症候群のリスクを高めることが報告されています。

また、体外受精を行う場合には卵胞液中のホモシステイン値が低いほど成績がよいという研究結果も出ています。

必要量の葉酸を食べ物から摂取することはできる?

葉酸を含む食べ物

葉酸は、緑黄色野菜や海藻、レバーなどに多く含まれています。
100gあたりに含まれる量は、枝豆:320㎍、ほうれん草:210㎍、焼き海苔:1,900㎍、鶏レバー:1,300㎍です。
これらの食品から400㎍の葉酸を摂取するためには、枝豆なら125g、ほうれん草なら190g、焼き海苔なら21g、鶏レバーなら31gほど食べなければならない計算になります。

ただし、食品中の葉酸は「ポリグルタミン酸型」で、サプリメントなどに使用される「モノグルタミン酸型」よりも体内での利用率が低く、「日本人の食事摂取基準(2020年版)」においては50%程度とされています。
つまり、計算上の2倍の量を食べないと400㎍の葉酸を摂取できないので、現実的には難しい人もいるでしょう。

葉酸サプリの選び方

葉酸を持った妊婦

より確実に葉酸を摂取するためには、サプリメントを利用するのが有効です。商品を選ぶ際は、次の3つのポイントに注意してください。

成分や原料をチェック

市販の葉酸サプリメントには、葉酸以外の栄養素がプラスされているものや、天然の食品が原料のものなど、それぞれ違いがあります。
葉酸以外の栄養素も不足している人は、他の栄養素も入った総合的なサプリメントを選ぶのがおすすめです。

原料については、天然でも合成品でもモノグルタミン酸型なら葉酸の生理作用は一緒です。
天然原料へのこだわりがある人は、原材料表示を確認すると良いでしょう。

好みの形状を選ぶ

葉酸サプリは、カプセルや錠剤だけでなく、グミやドリンクなども販売されています。
葉酸が400㎍摂れれば問題はないので、形状などにこだわらず自分の続けやすいものを選んでください。

葉酸の含有量を確認

葉酸の摂取量の上限は、年齢によって異なります。
「日本人の食事摂取基準(2020年版)」によると、1829歳は900/日、3049歳は1,000/日とされています。

葉酸は水溶性のビタミンで、多少摂り過ぎても尿と一緒に排泄されるので問題ありません。
ただし、一度に大量(110mg)に摂取しすぎると、発熱・蕁麻疹・紅斑・かゆみ・呼吸障害などの葉酸過敏症を起こす可能性があるため、上限量は守るようにしましょう。

<先生から>

葉酸は、通常の食品にはプテロイルポリグルタミン酸(ポリグルタミン酸型)として含まれており、体内でプテロイルモノグルタミン酸(モノグルタミン酸型)に変換されて吸収されます。しかし、ポリグルタミン酸型の吸収率はあまりよくないため、確実に摂るためにはサプリメントからの摂取が推奨されています。その点、大半の葉酸サプリメントには、吸収率の高いモノグルタミン酸型が使われているので、効率よく摂取できるでしょう。

葉酸サプリ おすすめ7選

それでは、編集部が選んだ葉酸サプリを7点紹介します。

natural techmamaru(ママル)」

産婦人科医監修のもと、妊娠初期~後期に必要な栄養素に特化してつくられたサプリ。

葉酸400㎍に加えて、ヘム鉄17mg、乳酸菌約1,000億個などが含まれています。

香料、着色料、保存料、甘味料などの食品添加物は無添加。

さらに厚生労働省が定めた適正製造規範を満たしたGMP認定工場で作られているのもポイントです。

他にも、妊活期に特化した栄養素をまとめたmitas(ミタス)や、産後ママ用の栄養素を配合したmamaco(ママコ)も販売されています。

おすすめおすすめポイント
・産婦人科医が監修
・妊活期~産後のそれぞれの時期に合うサプリを選べる

【商品名】mamaru(ママル )
【ブランド】natural tech
【メーカー】natural tech
【内容量】36g(300mg×120粒)
【原材料】亜鉛含有酵母、乳酸菌末、DHA・EPA含有精製魚油加工食品、食物繊維、貝カルシウム、酸化マグネシウム、セルロース、ビタミンC、微粒二酸化ケイ素、ヘム鉄(豚由来)、ステアリン酸Ca、HPC、ビタミンB12、パントテン酸Ca、ビタミンE、ビタミンD、ビタミンB2、ビタミンB1、ビタミンB6、ナイアシン、ラクトフェリン濃縮物、葉酸
【栄養成分表示】4粒(1200mg)あたり/エネルギー:2.16kcal、たんぱく質:0.03g、脂質:0.02g、炭水化物:0.47g、食塩相当量:0.02g

BELTA「ベルタ葉酸サプリ」

専属の管理栄養士が監修した、酵母葉酸100%配合のサプリ。体内に葉酸が長時間とどまるので、摂取効率が高いです。

ヒアルロン酸や珊瑚カルシウムなど、厳選した美容成分を贅沢に配合しています。

また、製造はGMP認定工場で行われており、放射能濃度検査や残留農薬試験も実施済み。

商品購入後も、出産経験のあるスタッフが専任でサポートしてくれるので安心です。

保存料、香料、pH調整剤など、全部で13種類の食品添加物を使用していないのもうれしいポイントです。

おすすめおすすめポイント
・酵母葉酸100%配合のサプリ
・13種類の食品添加物が不使用

【商品名】ベルタ葉酸サプリ
【ブランド】BELTA
【メーカー】ベルタ
【内容量】48.0g(400mg×120粒)
【原材料】乾燥酵母(リトアニア産)、葉酸含有酵母、もろみ酢粉末、ミネラルイースト、ヨウ素含有酵母、卵殻膜粉末(卵を含む)、燕の巣加工品(デキストリン、酵素処理燕窩)、フィッシュコラーゲン(ゼラチンを含む)、アセロラ果汁末、乾燥野菜粉末(大麦若葉、ケール、ブロッコリー、キャベツ、大根葉、かぼちゃ、さつまいも(紫芋)、チンゲン菜、パセリ、人参、セロリ、苦瓜、ほうれん草、桑の葉、モロヘイヤ、よもぎ、白菜、アスパラガス、トマト、野沢菜、れんこん)、メロン抽出物(小麦、メロン)、乳タンパク加水分解物、ガラクトオリゴ糖、ザクロ果汁パウダー、乳酸菌末(殺菌乳酸菌体、デキストリン)(乳成分を含む)、微細藻類由来DHA・EPA油、スピルリナ原末、野菜ミックス(ケール、ブロッコリー、ヨモギ、アスパラガス、オクラ、コマツナ、カボチャ、ダイコン葉、パセリ、ホウレンソウ)/貝殻未焼成カルシウム、セルロース、グルコン酸亜鉛、ピロリン酸第二鉄、ステアリン酸Ca、ビタミンE、ビタミンC、クエン酸、リン酸カルシウム、ラクトフェリン(乳由来)、ビタミンB₆、β-カロテン、サンゴカルシウム、葉酸、ヒアルロン酸、酸化防止剤(カテキン、抽出ビタミンE)、ビオチン、ナイアシン、パントテン酸Ca、ビタミンB₁、ビタミンD、ビタミンB₂、ビタミンA、ビタミンB₁₂
【栄養成分表示】4粒あたり/エネルギー:3.79kcal、たんぱく質:0.12g、脂質:0.06g、炭水化物:0.69g、食塩相当量:0.0132g、ビタミンB6:3.23mg、ビタミンC:31.4mg、ビタミンD:8.5μg、ビタミンE:6.5mg、葉酸:480μg、ビオチン:43.7μg、亜鉛:10mg、カルシウム:250mg

こころからだあんしんラボ「こころからだあんしん葉酸」

葉酸、ビタミンEB1B2B612、パントテン酸の含有量が高く、この7つの栄養素について、国が定めた栄養補助食品の基準を満たしているのが特徴です。

また、妊娠中になりやすいむくみの解消効果が期待できるカリウムが配合されているのもポイント。

妊娠中はもちろん、栄養補給の必要な産後の授乳期に飲むのもおすすめです。

製造は九州のGMP認定工場で行われています。

おすすめおすすめポイント
・7つの栄養素について、国が定めた栄養補助食品の基準をクリア
・むくみの解消効果が期待できるカリウムを配合

【商品名】こころからだあんしん葉酸
【ブランド】こころからだあんしんラボ
【メーカー】こころからだあんしんラボ
【内容量】200mg×150粒
【原材料】塩化カリウム、ビタミンC、結晶セルロース、糖転移ヘスペリジン(ビタミンP)、ビタミンE、造粘剤(プルラン)、ナイアシン、パントテン酸カルシウム、ステアリン酸カルシウム、ビタミンB1、ビタミンB2、葉酸、ビオチン、ビタミンB12
【栄養成分表示】_

美彩「BABY葉酸~ママのめぐみ~」

妊活中から産後までの健康をサポートする葉酸サプリ。

モノグルタミン酸型の葉酸400㎍と2種類の乳酸菌に加えて、27種類のビタミン・ミネラル、112種類の発酵植物酵素などが含まれています。

妊活はもちろん、健康・美容サプリとしても役立つでしょう。

また、パッケージが1日分ずつの分包タイプなのもポイント。

サプリの酸化を防いで新鮮な状態で摂取できて、携帯にも便利ですよ。

おすすめおすすめポイント
・健康・美容サプリとしても役立つ
・1日分ずつの分包タイプ

【商品名】BABY葉酸~ママのめぐみ~
【ブランド】美彩
【メーカー】美彩
【内容量】42g(350mg×4粒×30包)
【原材料】還元麦芽糖水飴、デキストリン、ココナッツ、難消化性デキストリン、酵母(亜鉛・マンガン・銅・ヨウ素・セレン・クロム・モリブデン含有)、乾燥粉末野菜(大麦若葉、ケール、ブロッコリー、南瓜、チンゲン菜、パセリ、人参、セロリ、苦瓜、ほうれん草、桑の葉、モロヘイヤ、よもぎ、トマト)、有胞子性乳酸菌、ショウガ末、有機マカ粉末、植物発酵食品、桜の花抽出物、鶏冠抽出物(ヒアルロン酸含有)、ゼラニウムディエルシアナム抽出物、ブドウ糖、乳酸菌、馬プラセンタエキス末/焼成カルシウム、セルロース、ピロリン酸鉄、ビタミンC、ステアリン酸Ca、二酸化ケイ素、抽出ビタミンE、ナイアシン、パントテン酸Ca、ビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンB6、葉酸、ビタミンA、ビタミンD、ビタミンB12、(一部に乳成分・大豆・バナナ・山芋・リンゴ・鶏を含む)
【栄養成分表示】4粒(1.4g)あたり/エネルギー:0.69kcal、たんぱく質:0.03g、脂 質:0.05g、炭水化物:0.12g、葉酸:400μg、鉄:20mg、カルシウム:270mg

マザーリーフ「みんなの葉酸」

妊娠前後の体の変化に合わせた3種類の処方が選べるのが特徴です。

葉酸の配合量が「妊活期妊娠初期用」は600㎍、「妊娠中後期用」は400㎍、「産後用」は150㎍とそれぞれ異なり、配合されている栄養素の種類も変えられています。

また、老舗のGMP工場で製造されているのもポイント。

錠剤のサイズが小さく、摂取量の目安は11粒だけと少ないので、つわりの時期に飲みやすいのも魅力です。

おすすめおすすめポイント
・妊娠の時期に合わせた3種類の処方から選べる
・小型の錠剤でつわりの時期でも飲みやすい

【商品名】みんなの葉酸
【ブランド】マザーリーフ
【メーカー】マザーリーフ
【内容量】9g(300mg×30粒)
【原材料】<妊活期妊娠初期用>マルトデキストリン(国内製造)、ザクロ種子抽出物、トマト抽出物、パン酵母、デキストリン/貝カルシウム、セルロース、ピロリン酸第二鉄、V.C、グリセリン脂肪酸エステル、V.E、微粒二酸化ケイ素、安定剤(キサンタン)、ナイアシン、パントテン酸Ca、葉酸、リン酸-水素カルシウムV.B1、V.B6、V.B2、V.A、V.D V.B12
<妊娠中後期用>マルトデキストリン(国内製造)、パン酵母、デキストリン、乳酸菌末(殺菌乳酸菌体、デキストリン)/貝カルシウム、セルロース、ピロリン酸第二鉄、塩化カリウム、V.C、グリセリン脂肪酸エステル、V.E、微粒二酸化ケイ素、安定剤(キサンタン)、ナイアシン、パントテン酸Ca、葉酸、V.B1、V.B6、V.B2、V.A、V.D、V.B12(一部に乳成分を含む)
<産後用>麦芽還元水飴(タイ製造)、マルチデキストリン、タンポポ根末、乳酸菌末(殺菌乳酸菌体、デキストリン)、パン酵母、デキストリン/セルロース、貝カルシウム、ピロリン酸第二鉄、V.C、グリセリン脂肪酸エステル、微粒二酸化ケイ素、V.E,ナイアシン、パントテン酸Ca、葉酸、V.B1、V.B6、V.B2、V.A、V.D、V.B12 (一部に乳成分を含む)
【栄養成分表示】_

小林製薬の栄養補助食品「葉酸」

医薬品や栄養補助食品を幅広く取り扱う小林製薬。

同社の栄養補助食品シリーズの一つである「葉酸」は、着色料・香料・保存料が無添加の、シンプルなサプリです。

1粒には480μgの葉酸を含んでいるため、1日の摂取量は1粒で十分。

30粒入っているので、1袋で約1ヶ月の摂取が可能です。

なるべく葉酸だけを効率的に摂取したいという人にはおすすめですよ。

おすすめおすすめポイント
・着色料・香料・保存料は無添加
・1粒には480μgの葉酸を含む

【商品名】葉酸
【ブランド】小林製薬の栄養補助食品
【メーカー】小林製薬
【内容量】7.5g(250mg×30粒)
【原材料】粉末還元麦芽糖、デンプン、デキストリン/ビタミンC、結晶セルロース、ステアリン酸カルシウム、シェラック、葉酸、ビタミンB12
【栄養成分表示】1粒あたり/エネルギー:1.0kcal、たんぱく質:0g、脂質:0.0025g、炭水化物:0.25g、食塩相当量:0~0.000081g、 カルシウム:0.032~0.32mg、葉酸:480μg、ビタミンB12:2.8μg、ビタミンC:110mg

DHC「持続型葉酸 30日分」

葉酸は水に溶けやすいという性質をもっているため、たとえ1度にたくさん摂取したとしても体内に長く留めておくのが難しいもの。

しかし、この「持続型葉酸 30日分」は摂取した後にゆっくり溶けるタイムリリースタイプのサプリメント。

葉酸を時間をかけながらじっくりと補うことができます。

内容量は約30日分であるため、ひとまず1ヶ月だけ試してみることも可能です。

おすすめおすすめポイント
・ゆっくり溶けるタイムリリースタイプ
・内容量は約30日分

【商品名】持続型葉酸 30日分
【ブランド】DHC
【メーカー】DHC
【内容量】4.5g[1粒重量150mg×30粒]
【原材料】麦芽糖(国内製造)、デキストリン/セルロース、ヒドロキシプロピルメチルセルロース、ショ糖脂肪酸エステル、葉酸
【栄養成分表示】1粒(150mg)あたり/熱量:0.6kcal、たんぱく質:0.0003g、脂質:0.002g、炭水化物:0.14g、食塩相当量:0.00005g、葉酸:400μg

商品一覧表

商品名mamaru(ママル )ベルタ葉酸サプリこころからだあんしん葉酸BABY葉酸~ママのめぐみ~みんなの葉酸葉酸持続型葉酸 30日分
ブランドnatural techBELTAこころからだあんしんラボ美彩マザーリーフ小林製薬の栄養補助食品DHC
メーカーnatural techベルタこころからだあんしんラボ美彩マザーリーフ小林製薬DHC
内容量36g(300mg×120粒)48.0g(400mg×120粒)200mg×150粒42g(350mg×4粒×30包)9g(300mg×30粒)7.5g(250mg×30粒)4.5g[1粒重量150mg×30粒]
原材料亜鉛含有酵母、乳酸菌末、DHA・EPA含有精製魚油加工食品、食物繊維、貝カルシウム、酸化マグネシウム、セルロース、ビタミンC、微粒二酸化ケイ素、ヘム鉄(豚由来)、ステアリン酸Ca、HPC、ビタミンB12、パントテン酸Ca、ビタミンE、ビタミンD、ビタミンB2、ビタミンB1、ビタミンB6、ナイアシン、ラクトフェリン濃縮物、葉酸乾燥酵母(リトアニア産)、葉酸含有酵母、もろみ酢粉末、ミネラルイースト、ヨウ素含有酵母、卵殻膜粉末(卵を含む)、燕の巣加工品(デキストリン、酵素処理燕窩)、フィッシュコラーゲン(ゼラチンを含む)、アセロラ果汁末、乾燥野菜粉末(大麦若葉、ケール、ブロッコリー、キャベツ、大根葉、かぼちゃ、さつまいも(紫芋)、チンゲン菜、パセリ、人参、セロリ、苦瓜、ほうれん草、桑の葉、モロヘイヤ、よもぎ、白菜、アスパラガス、トマト、野沢菜、れんこん)、メロン抽出物(小麦、メロン)、乳タンパク加水分解物、ガラクトオリゴ糖、ザクロ果汁パウダー、乳酸菌末(殺菌乳酸菌体、デキストリン)(乳成分を含む)、微細藻類由来DHA・EPA油、スピルリナ原末、野菜ミックス(ケール、ブロッコリー、ヨモギ、アスパラガス、オクラ、コマツナ、カボチャ、ダイコン葉、パセリ、ホウレンソウ)/貝殻未焼成カルシウム、セルロース、グルコン酸亜鉛、ピロリン酸第二鉄、ステアリン酸Ca、ビタミンE、ビタミンC、クエン酸、リン酸カルシウム、ラクトフェリン(乳由来)、ビタミンB₆、β-カロテン、サンゴカルシウム、葉酸、ヒアルロン酸、酸化防止剤(カテキン、抽出ビタミンE)、ビオチン、ナイアシン、パントテン酸Ca、ビタミンB₁、ビタミンD、ビタミンB₂、ビタミンA、ビタミンB₁₂塩化カリウム、ビタミンC、結晶セルロース、糖転移ヘスペリジン(ビタミンP)、ビタミンE、造粘剤(プルラン)、ナイアシン、パントテン酸カルシウム、ステアリン酸カルシウム、ビタミンB1、ビタミンB2、葉酸、ビオチン、ビタミンB12還元麦芽糖水飴、デキストリン、ココナッツ、難消化性デキストリン、酵母(亜鉛・マンガン・銅・ヨウ素・セレン・クロム・モリブデン含有)、乾燥粉末野菜(大麦若葉、ケール、ブロッコリー、南瓜、チンゲン菜、パセリ、人参、セロリ、苦瓜、ほうれん草、桑の葉、モロヘイヤ、よもぎ、トマト)、有胞子性乳酸菌、ショウガ末、有機マカ粉末、植物発酵食品、桜の花抽出物、鶏冠抽出物(ヒアルロン酸含有)、ゼラニウムディエルシアナム抽出物、ブドウ糖、乳酸菌、馬プラセンタエキス末/焼成カルシウム、セルロース、ピロリン酸鉄、ビタミンC、ステアリン酸Ca、二酸化ケイ素、抽出ビタミンE、ナイアシン、パントテン酸Ca、ビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンB6、葉酸、ビタミンA、ビタミンD、ビタミンB12、(一部に乳成分・大豆・バナナ・山芋・リンゴ・鶏を含む)<妊活期妊娠初期用>マルトデキストリン(国内製造)、ザクロ種子抽出物、トマト抽出物、パン酵母、デキストリン/貝カルシウム、セルロース、ピロリン酸第二鉄、V.C、グリセリン脂肪酸エステル、V.E、微粒二酸化ケイ素、安定剤(キサンタン)、ナイアシン、パントテン酸Ca、葉酸、リン酸-水素カルシウムV.B1、V.B6、V.B2、V.A、V.D V.B12
<妊娠中後期用>マルトデキストリン(国内製造)、パン酵母、デキストリン、乳酸菌末(殺菌乳酸菌体、デキストリン)/貝カルシウム、セルロース、ピロリン酸第二鉄、塩化カリウム、V.C、グリセリン脂肪酸エステル、V.E、微粒二酸化ケイ素、安定剤(キサンタン)、ナイアシン、パントテン酸Ca、葉酸、V.B1、V.B6、V.B2、V.A、V.D、V.B12(一部に乳成分を含む)
<産後用>麦芽還元水飴(タイ製造)、マルチデキストリン、タンポポ根末、乳酸菌末(殺菌乳酸菌体、デキストリン)、パン酵母、デキストリン/セルロース、貝カルシウム、ピロリン酸第二鉄、V.C、グリセリン脂肪酸エステル、微粒二酸化ケイ素、V.E,ナイアシン、パントテン酸Ca、葉酸、V.B1、V.B6、V.B2、V.A、V.D、V.B12 (一部に乳成分を含む)
粉末還元麦芽糖、デンプン、デキストリン/ビタミンC、結晶セルロース、ステアリン酸カルシウム、シェラック、葉酸、ビタミンB12麦芽糖(国内製造)、デキストリン/セルロース、ヒドロキシプロピルメチルセルロース、ショ糖脂肪酸エステル、葉酸
栄養成分表示4粒(1200mg)あたり/エネルギー:2.16kcal、たんぱく質:0.03g、脂質:0.02g、炭水化物:0.47g、食塩相当量:0.02g4粒あたり/エネルギー:3.79kcal、たんぱく質:0.12g、脂質:0.06g、炭水化物:0.69g、食塩相当量:0.0132g、ビタミンB6:3.23mg、ビタミンC:31.4mg、ビタミンD:8.5μg、ビタミンE:6.5mg、葉酸:480μg、ビオチン:43.7μg、亜鉛:10mg、カルシウム:250mg_4粒(1.4g)あたり/エネルギー:0.69kcal、たんぱく質:0.03g、脂 質:0.05g、炭水化物:0.12g、葉酸:400μg、鉄:20mg、カルシウム:270mg_1粒あたり/エネルギー:1.0kcal、たんぱく質:0g、脂質:0.0025g、炭水化物:0.25g、食塩相当量:0~0.000081g、 カルシウム:0.032~0.32mg、葉酸:480μg、ビタミンB12:2.8μg、ビタミンC:110mg1粒(150mg)あたり/熱量:0.6kcal、たんぱく質:0.0003g、脂質:0.002g、炭水化物:0.14g、食塩相当量:0.00005g、葉酸:400μg
商品詳細

まとめ

妊娠中には、つわりによる食欲不振や、胎児の成長に伴う消化器官の圧迫によって、思うように食事をすることができないケースが少なくありません。また、産後は育児に忙しく、自分の食事について後回しになる人も多いでしょう。そのような時は無理をせず、少量で効率的に栄養素を補給できるサプリメントをうまく活用してくださいね。

<掲載商品はedimo編集部が実際に連絡を行い、コンタクトが取れたメーカーのものだけに限定しています。※一部国内プレスリリースでの確認>

おすすめあなたへのおすすめ記事