2021.11.17

/

【医師監修】妊娠中&産後におすすめの骨盤ベルト5選。腰痛対策に活躍!

edimoはアフィリエイト広告を利用しています。

出産を控えた女性の身体はお腹の赤ちゃんの成長とともに変化し、痛みや違和感を感じやすくなります。

中でも妊娠中や産後、腰痛に悩まされる女性は少なくありません。

妊娠中は妊娠による体重増加やホルモンの影響で骨盤や筋肉が緩みやすく、きちんとケアしなければ出産後も歪んだまま体型が崩れてしまうことも。

そこでおすすめしたいのが、骨盤ベルト。

産前の腰痛の緩和や産後の緩みからの骨盤の回復をサポートしてくれます。

今回は、つづきレディスクリニック院長の吉岡 範人先生監修のもと、妊娠中と産後に骨盤ベルトを使うメリットや選び方を解説した上で、妊娠中から産後まで長く使えるおすすめ商品を紹介します。

取材・監修協力商品紹介部分は取材・監修範囲外です

産婦人科医
吉岡 範人

吉岡 範人

医療法人社団都筑会 つづきレディスクリニック院長。1978年千葉県生まれ。聖マリアンナ医科大学産婦人科で研鑽を積み、カナダブリティッシュコロンビア大学へ留学をし、幅広い視野を獲得した。その後、聖マリアンナ医科大学へ帰院後、「つづきレディスクリニック」院長に就任。丁寧な問診を通して一人ひとりの生き方の違いや年齢、ライフスタイルなどに寄り添い、すべての女性がいつまでも若々しく・活き活きと暮らすお手伝いができるレディスクリニックをめざしている。

助産師
木野 美穂

木野 美穂

助産師18年目、鹿児島純心女子大学卒業後、助産師として大学病院産科病棟勤務した。また大学病院では、師長を経験し、助産分野のみならず、管理者としての経験も積んだ。現在は、大学病院での経験、二児の母であることを活かし、地域に密着した母子支援を行いたいと考え、出張助産師 木野美穂として開業している。また横浜市内の区役所で、両親学級、新生児訪問、赤ちゃん教室に従事している。

助産師
小野 瀬綾

小野 瀬綾

助産師7年目。岩手看護短期大学卒業後、大学病院の総合周産期母子医療センターで勤務し、現在は新たな資格取得に向けて勉強中である。

妊娠中&産後の腰に負担がかかる理由 

腰に痛みを感じる妊婦

出産が近づくにつれ、体重の増加やホルモンの分泌によって骨盤周辺が緩むなどして、腰痛が起こりやすくなります。

また、産後は出産時に骨盤が開くことで筋肉が引き伸ばされて腰回りに負担がかかりやすくなっています。

その上、回復がないまま赤ちゃんを抱っこすることで、腰痛がさらに悪化する可能性も。

特に妊娠後期〜産後2ヶ月は骨盤全体が緩みやすい時期といわれているので注意してください。

それでは、以下より腰痛の原因を詳しく解説していきます。

妊娠によるホルモンの変化(妊娠中)

妊娠初期には、妊娠を維持しようとする働きがある女性ホルモンの一種「黄体ホルモン」が多量に分泌されます。

また、妊娠すると、「リラキシン」というホルモンも分泌されます。

リラキシンは妊娠初期から骨盤や全身のじん帯を緩ませ、赤ちゃんが出産時に骨盤を通って生まれてこられるように、骨盤を広げる作用があります。

これらのホルモンの影響で腰や背中の負担が増え、腰痛が起きてしまうのです。

反り腰の姿勢(妊娠中)

お腹が大きくなってくると身体の重心が前に移り、上半身を反らした反り腰の姿勢で立ったり座ったりすることが増えてきます。

そのため背中から腰にかけての負担が増し、腰痛になることがあります。

下半身の血行不良(妊娠中)

妊娠後期に差し掛かると、大きくなった子宮がお腹や骨盤内の血管を圧迫するようになります。

そのため血行不良になりやすく、腰や足が冷えることで腰痛が起こりやすくなるのです。

心理的不安(妊娠中&産後)

出産には不安や変化がつきもの。

心理的なストレスで自律神経のバランスが乱れると、胃腸に悪影響を及ぼすことがあります。

胃腸の症状は胃の裏側にある背中の神経に伝わって痛みを引き起こし、酷いときには腰まで広がる可能性があります。

また、出産直後から始まる育児は楽しいことも多いですが、抱っこやおむつ替え、授乳などで体中の筋肉が緊張しがちです。

育児や授乳に一生懸命になるあまり、こうした緊張に気づかず、知らずしらずのうちに、腰に負担がかかっていることもあります。

育児の時の姿勢(産後)

産後は、妊娠中の反り腰と反対に、赤ちゃんを抱く、おむつを替える、授乳をするといった育児行為により、前かがみの姿勢をとりやすく、腰に負担がかかる状態になっています。

骨盤ベルトって何? 

妊娠中や産後の腰痛の改善におすすめの骨盤ベルト

妊娠中や産後の腰痛を解消するには、自宅で簡単にできるストレッチやマッサージをするほか、腰痛対策グッズを使うのがおすすめです。

その代表的なアイテムが骨盤ベルト。

骨盤の中央部分(仙骨)、骨盤前部の接合部分(恥骨結合)、前太ももの張っている部分(大転子)の3点をベルトで巻くことで、骨盤の緩みや開き、ズレを矯正し、緩みがちな骨盤をサポートしてくれる器具です。

骨盤ベルトを使うメリット

妊娠中や産後に骨盤ベルトを付けることで、次のような効果が期待できます。

腰痛の予防・改善

骨盤ベルトで腰や骨盤を支えることで、腰回りの筋肉への負荷が軽くなり、腰痛の予防改善効果が期待できます。

また、産後も装着することで、出産で開いた骨盤の戻りをサポートし、腰痛や股関節周りの痛みの予防にもつながります。

赤ちゃんを持ち上げたりあやしたりする際に起こりがちなぎっくり腰などの予防にも効果的です。

恥骨痛の予防・改善

妊娠すると「リラキシン」というホルモンの働きで骨盤周りの筋肉やじん帯が緩むと同時に、子宮が大きくなることで骨盤に重みがかかり、足の付根(恥骨)にまで違和感や痛みを覚える女性は少なくありません。

骨盤ベルトはこうした妊娠後期に感じやすい恥骨痛の予防やサポートにも役立つとされています。

産後の骨盤ケア・産後太りの予防

出産時に大きく開いた骨盤の関節やじん帯は、半年ほどかけて徐々に戻ろうとします。

しかし、一度大きく開いた骨盤が自然と元の位置に戻るのは難しく、放置しておくと歪みやズレが残ったままで、下半身太りや体型が崩れる原因になってしまいます。

産後に骨盤ベルトを付けることにより、骨盤が元の位置に整うことが期待できます。

育児姿勢の改善

腰痛が改善すると、育児中の姿勢もよくなります。

育児姿勢がよいと背中の痛みや肩こりの改善にもつながります。

また、赤ちゃんを抱く姿勢も変化し、赤ちゃんにもより心地よい抱っこになるかもしれません。

妊娠、産後を通して骨盤ベルトと併用し、自宅でヨガやストレッチなど自分が心地よいと思える運動を取り入れていくこともおすすめです。

骨盤ベルトの使い方 

骨盤ベルトは正しい位置に巻くのがポイント

骨盤ベルトは巻き方がポイント。

位置を外してしまうと効果が実感しにくくなります。

背骨の根っこにある「仙骨」とアンダーヘアの中心辺りにある硬い骨「恥骨結合」、そこから外側にある出っ張った太ももの骨「大転子」の3点を結ぶラインに巻きましょう。

妊娠中の方はお腹の膨らみを避けて巻き、キツく締めすぎないように注意しましょう。

使用中にズレてきたら、正しい位置に巻き直すのも大切です。

骨盤ベルトは妊娠初期から産後2、3ヶ月程度まで付けるのが理想的とされています。

ただ、妊娠中に腰の負担を感じ始めてから使い始めてもよいでしょう。

使う際は念のため、かかりつけ医の判断を仰ぐのがベスト。

細かい使用方法や注意点は商品によって異なるため、必ず説明書に目を通しましょう。

骨盤ベルトの選び方

タイプ

骨盤ベルトには産前用、産後用、そして産前産後双方に使えるものが販売されています。

産後まで長く使うことを考えれば、産前から産後まで使えるタイプを選ぶのがよいでしょう。

素材

妊娠中や産後はホルモンバランスが不安定で、敏感肌になりがちです。

そのため肌に優しく、付け心地のよい素材を選ぶとよいでしょう。

例えば、通気性に優れたメッシュ地や吸水速乾素材を採用したベルトなら、長時間付けてもムレやベタつきを感じにくく、夏場の着用も快適。

綿やガーゼを使用したものは化学繊維が苦手な方も安心して使えます。

また、ストレスなく使いたい方は薄手のものを選ぶと洋服などにも響きません。

サイズ感

妊娠中から産後にかけては体重の変化が大きく、着用を始める時期によってサイズの選び方も異なります。

各商品サイトにあるサイズの選び方や調整範囲をチェックしてから購入しましょう。

また、サイズ調整が柔軟にできるものを選んでおくのもよいでしょう。

※監修者は以下で紹介する商品について、選定や紹介文の監修は行っておりません。

※紹介商品は、上記記事内で記載した効果・効能を保証するものではありません。ご購入にあたっては、各商品に記載されている説明文をご確認ください。

※商品によってはユーザーのレコメンドが記載されています。メーカーから提供を受けたものには「メーカー収集コメント」、編集部が収集したものには「編集部収集コメント」と記載されています。これらは個人の感想であり、効果効能を示すものではありません。

妊娠中&産後におすすめの骨盤ベルトおすすめ5選

ワコール「ズレにくい産前&産後骨盤ベルト」

ストレッチ素材と滑りにくいテープ、ヒップを挟み込むようなY字構造で、身体にフィットし、ズレにくいアイテムです。

ヒップにベルトを引っ掛けて装着するだけで、仙腸関節、大転子、恥骨結合の3つの部位を環状にサポートしてくれます。

通気性のよいウレタン素材を採用しムレにくいのも魅力。

凹凸の少ない縫製と樹脂製のボーン(補強用芯材)とバックルにより、肌当たりが優しくソフトな付け心地となっています。

編集者が使ってみました!

二児の母で、出産後は足の付け根の痛みに悩まされた編集者が、当時を思い出しながら使ってみました。

妊娠中は体重が12㎏増え、普段の洋服はMサイズの編集者も腹囲は95㎝、ヒップも90㎝台後半になっていました。

素材感

サイドにあるボーン(補強用芯材)が、サポート力はあるのに手で曲げられるほどやわらかいです。

しかも内側はつるつるしたウレタン素材で肌当たりがとても良いので、数時間付けていても違和感がありませんでした。

装着のしやすさ

パッケージにモデルを用いた図解が載っていないので、初めて装着する人には向きや高さの合わせ方がわかりづらいかもしれません。

メーカーホームページの解説動画で確認しながら着用しました。

サイズ感

Mサイズ(ヒップ87~95㎝対応)の商品は、全長が平置きで142㎝。

マジックテープで調整できる範囲が長めなので、体形の変化に合わせやすいと思います。

こんな人におすすめ

適度なサポート力が欲しいが、キツ過ぎるのは嫌だという人におすすめです。

ヒップにひっかけて装着するタイプなのでズレにくく、外出が多くても安心です。

メーカー名ワコール
ブランド名ワコールマタニティ
商品名ズレにくい産前&産後骨盤ベルト
素材ポリエステル、ナイロン、ポリウレタン
サイズ展開S~LL
カラーベージュ、ブラック、ピンク、ターコイズ
洗濯

犬印本舗「なが〜く使えるマタニティベルト」

犬印本舗の特許技術「クロス構造」をベルト背面に採用し、重なり部分がもたつきにくく、両サイドのマジックテープでサイズ調節も簡単にできます。

装着の手軽さを求めている方におすすめです。

ベルト前面に「カーブ設計」を用いることで、動いたり座ったりしてもベルトが足の付け根に食い込みにくいのがポイント。

妊婦帯や腹巻きの上からでも使えます。

編集者が使ってみました!

生地やサイドのボーンが硬めで、手で曲げようとするとしなる感じです。

その分、着用するとしっかりとサポートされている感覚がありました。

着のしやすさ

パッケージ裏面に、写真と絵による装着方法が載っていたのでわかりやすかったです。

また、ワンポイントのリボンが正面中央の目印になるため、お腹が大きくて前が見づらい妊婦さんでも中心を合わせやすいと思います。

サイズ感

Mサイズ(ヒップ85~98㎝対応)の商品は、平置きの全長が152㎝。

こちらもマジックテープで調整できる範囲が長いので、週数や体形の変化に対応しやすいです。

ボーンが縦15㎝と少し長めのため、椅子に座った時にボーンが座面に当たりそうで気になりましたが、その分ボーンによって支えられている感覚がありました。

こんな人におすすめ

しっかりとしたサポート力がほしい人におすすめです。

また、前に目印があるので、ヒップに合わせて後ろから装着するタイプが苦手な人でも使いやすいでしょう。

ユーザーのレコメンド※メーカー収集コメント

30代・女性

妊娠中から愛用しています。出産時にさらに骨盤が開いたのか、産後のほうが腰痛がひどくなったのですが、これを着けていると立ち抱っこも出来ます。リボンのおかげで表裏・上下がわかりやすくて着けやすいのも良かったです。

メーカー名犬印本舗
ブランド名
商品名なが〜く使えるマタニティベルト
素材ナイロン、ポリウレタン、その他
サイズ展開M~LL
カラーブラック、ピンク
洗濯

ピジョン「妊娠中から使える骨盤ベルト」

ヒップにベルトを当てて引っ張りながら前で止めるだけなので、初めての方でも使いやすいアイテムです。

本体ベルトを留めた後に外側のベルトで締め具合を調節できるダブルベルト構造のため、しっかりと骨盤をサポートできます。

ヒップにフィットする立体設計で、動いてもズレにくいのも魅力。

ヒップ部はメッシュ素材でムレにくく、長時間でも快適に着用できます。

編集者が使ってみました!

素材感

硬さのあるボーンは入っておらず、全体的にとてもやわらかい印象です。

メッシュ素材が多く使われているので、さらりとした肌触りです。

装着のしやすさ

パッケージの裏面に絵で解説されている通り、前で留めるだけで装着できます。

サイドの穴にベルトを通して巻く必要がありません。

本体ベルトを留めたまま、外側にある二重ベルトを引っ張れば、簡単に強さを調整できました。

サイズ感

前で留めるこの商品は、クロス部分が不要なことから平置きの全長が93㎝と短め。

妊娠初・中期はMサイズ(ヒップ87~100㎝)がぴったりな人も、後期にヒップが大きくなるようならサイズアップしていく必要があるかもしれません。

こんな人におすすめ

「前で留めるだけ」という装着方法がわかりやすく、初めて骨盤ベルトを使う人にぴったりです。

かなり薄手の生地なので衣服にも響きにくいうえ、暑い日にも使いやすいでしょう。

メーカー名ピジョン
ブランド名
商品名妊娠中から使える骨盤ベルト
素材ナイロン、ポリウレタン、ポリエステル
サイズ展開M~LL
カラーブラック
洗濯

青葉「トコちゃんベルトⅡ」

骨盤を前から後ろへと支え、仙腸関節の緩みを寄せてくれるアイテムです。

腰痛緩和や骨盤を安定させる効果があると医学的にも検証されています。

腰の痛みや産後の大尻が気になる方におすすめです。

骨盤全体が開く妊娠後期からは、別売りの「アンダーベルトRENEW」を併用することで、さらに安定感をアップできます。

妊娠中から産後にかけての期間だけでなく、生理中など腰に負担を感じる際にも活用できます。

編集者が使ってみました!

素材感

硬い素材のボーンは使われていませんが、本体の生地が分厚く、しっかり支えられている感覚があります。

装着のしやすさ

形状がシンプルで、装着方法が詳しく書かれたリーフレットも入っているので、迷わずに装着できました。

体調や週数によって強さを微調整したい時のコツが紹介されているのもよいと思います。

サイズ感

この商品のMサイズ(ヒップ約80~88㎝)の全長は、平置きで約154㎝。

マジックテープで調整できる範囲が広いので、体形の変化に対応しやすいです。

それでもサイズアップしそうな人は、「延長パーツ」(別売)でベルトを継ぎ足せるのがうれしいです。

こんな人におすすめ

シンプルなデザインで装着方法がわかりやすいので、骨盤ベルト初心者にも使いやすいです。

悩みや体形の変化に合わせた装着方法が丁寧に解説されています。

ユーザーのレコメンド※編集部収集コメント

20代・女性

産後の骨盤ケアのために購入しましたが、お腹が大きくなり、腰痛が出てきた臨月から使用し始めました。
付けていると骨盤が安定するのか、腰痛が和らぎ歩きやすかったです。
出産直後からすぐに使えるので、より早く骨盤ケアを始めることができる点も良かったです。
ただ装着方法が少し難しく、慣れるまでは時間がかかりました。

メーカー名青葉
ブランド名トコちゃんベルト
商品名トコちゃんベルトⅡ
素材ナイロン、発泡ウレタン、綿、ポリウレタン
サイズ展開S~LL
カラー白、紺
洗濯

YMGS「骨盤ベルト」

6本の強力ボーンと最大17cmの幅広設計で、腰全体を覆うようにサポートできます。

サイドは通気性のよいメッシュ地でムレにくく、腹部は裏起毛素材を使った保温設計。

着用時の汗やムレを抑えつつ、お腹を優しくカバーしたい方に最適です。

ダブルベルトをマジックテープで止める作りのため、サイズの調節や着脱が簡単。

商品に付属している洗濯ネットに入れて丸洗いできますよ。

おすすめおすすめポイント

・ サイドは通気性のよいメッシュ生地でムレにくく、腹部は裏起毛素材で温かい

・ ダブルベルトをマジックテープで止める仕様で、サイズの調節や着脱が簡単

メーカー名YMGS
ブランド名
商品名骨盤ベルト
素材ポリエステル、ポリウレタン
サイズ展開フリー
カラーベージュ、ブラック、ピンク
洗濯

商品一覧表

商品名ズレにくい産前&産後骨盤ベルトなが〜く使えるマタニティベルト妊娠中から使える骨盤ベルトトコちゃんベルトⅡ骨盤ベルト
メーカー名ワコール犬印本舗ピジョン青葉YMGS
ブランド名ワコールマタニティ
素材ポリエステル、ナイロン、ポリウレタンナイロン、ポリウレタン、その他ナイロン、ポリウレタン、ポリエステルナイロン、発泡ウレタン、綿、ポリウレタンポリエステル、ポリウレタン
サイズ展開S~LLM~LLM~LLS~LLフリー
カラーベージュ、ブラック、ピンク、ターコイズブラック、ピンクブラック白、紺ベージュ、ブラック、ピンク
洗濯
商品詳細

先輩ママに使用感をインタビュー

妊娠中~産後に骨盤ベルトを使用していた先輩ママに、その感想を教えてもらいました。

33歳・女性

妊娠の度に腰痛に悩まされるので、その緩和と、産後に骨盤をきちんとした位置に戻したいと思い購入しました。腰痛が和らいだのはもちろん、産後は骨盤がしっかり支えられている感じがあります。

35歳・女性

妊娠中期ごろ、お腹が大きくなり腰への負担を軽減する目的で購入しました。中期から出産までの間使用していましたが、お腹の張りを感じにくくなりました。

35歳・女性

出産で骨盤が広がったためか、立ったり歩いたりする時に股関節がグラグラするような不安定感があり、サポートの目的で購入しました。第一子の時は産後半年ほど、第二子の時は1ヶ月くらい使用していました。立ち上がる時や歩くときは楽になりましたが、痒みやベルトの食い込みが気になることもありました。

【調査概要】調査方法:インターネット調査、調査期間:2023年2月1日~2日、回答者数:111人(女性)、アンケートモニター提供元:GMOリサーチ株式会社

まとめ

妊娠中や産後の腰痛は多くの妊婦さんが感じやすいマイナートラブルの一つ。

何もせずに我慢していると、別な下半身の不調や体型崩れなど後々に影響が出てしまうこともあります。

腰に違和があったらかかりつけ医に相談し、骨盤ベルトの使用を検討してみてくださいね。

楽天のランキングはこちら!

おすすめこちらもおすすめ